理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染の初期症状?微熱?






カスタム検索

HIV感染の初期症状?微熱?

不安な行為をして、微熱が続き、HIVに感染したために起こる初期症状ではないかという質問をよく受けますので、今日は微熱について解説します。

まず最初に体温について解説します。

体温は、常に一定ではなく、健康なときでも、体や環境の変化によって変動し、朝と昼、夜でも体温は常に変化します。

体温は、熱が出る病気に感染しなくても、運動、気温、食事、睡眠、1日の時間帯、女性の性周期、感情の変化などにより刻々と変動しています。

人には、朝・昼・夜と、24時間単位の体温リズムがあり、これを「概日リズム」と言います。

1日のうちで早朝が最も体温が低く、しだいに上昇していき、夕方が最も高くなります。


更に、人の身体は、表面や内部、またその場所によっても体温が異なります。

手足や顔など、体の末端や表面の体温は、季節や環境の影響を大きく受けます。

反面、身体の内部の体温は、脳や心臓などの大切な臓器の働きを保つために、高く安定しています。

この身体の内部の安定した体温を「中核温」と言い、これを測れば、安定した指標としての体温が得られますが、身体の内部なので日常的には計ることが出来ません。

そこで体に負担をかけずに簡単に検温できる場所として、ワキ(腋窩)、口(舌下)、耳、直腸など身体と表面に近い場所で体温を測ります。

測定する部位ごとに検温に必要な時間や方法が異なり、得られる温度も異なります。

平熱も部位により違うため、それぞれの部位の平熱を常日頃から知っておく必要があります。


身体の部位ごとに平熱があり、人の身体の体温は部位によって違うため、耳とワキの温度も基本的には異なります。


また、耳とワキの体温の関係は、同じ位の人、高い人、低い人とまちまちです。

このことからして、一概にワキと比較して高い、低いとは言えませんし、耳には耳の、ワキにはワキの”平熱”があるので、あらかじめ知っておくことが大切です。

大切なことは、37℃は発熱とは限らないことです。

水銀体温計の37℃を示す数字が赤かったことから生まれた誤った常識です。

正しく体温測れば、子供から老人まで、健康な時の体温の平均値は36.89℃±0.34℃(腋窩:ワキ下検温)になります。

また、この範囲から少しくらいずれていても、発熱と即考えるべきではありません。

医学的に正しく体温を測れば、37℃は発熱の目安というより、むしろ平均的な平熱の範囲内である事が多いです。

平熱”にも個人差があって当然なのです。

それでは、HIV感染による微熱とはどのようなものなのでしょうか?

HIVに感染するような行為をして、感染が気になり始めますと、身体が緊張したり、ストレスとなり、ある程度体温は上昇します。


そのことから、身体が熱ぽく感じられたりすることが多くあります。

また、先に述べました述べましたように、体温は1日を通じて絶えず変化しています。

感染が心配になり体温計る場合、昨日朝計り36.8℃、今日の夕方計り、37.2℃という結果が出れば、微熱があると考えてしまいますが、体温は朝低く、夕方高くなることから、このような体温の上昇は正常範囲内です。

体温を測るときは、常日頃から1日の時間帯における自分の平熱を知っておくことが大切です。

体温測定の例としては、病院で計っている毎日午前7時、11時、午後3時、午後7時のように時間を決めて計ることにより、正確なその人体温が把握できます。

また、計る場所も、ワキならワキ、口の中なら口の中、耳なら耳と、同じ場所で測定する必要があります。

そして、体温を測るときには、日々同じ時間帯に計り、比較する必要があります。

HIVに感染する行為をして、微熱続くと多くの人が言いますが、これらの微熱は、感染不安から来る体温の上昇と、1日の時間帯による体温の変化によることがほとんどです。

HIV感染による微熱はまず無いと考えるべきですし、微熱HIV感染の判断は出来ません


感染するような行為をすれば、適切な時期に適切な検査を受けることが必要不可欠です。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : HIV 初期症状 体温 微熱 平熱 体温測定

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    平熱を知ること

    「平熱を知る」というのは、なかなかできそうでできないことだと思いました。
    (多くの人があてはめるかどうか決めつけることはできませんが)
    私の場合、健康なときには、体温計で検温するどころか、手にとることもまずありませんでした。
    体調不良になって、慌てて体温計を探しているといった具合です。

    しかし、ブログを読ませていただいて
    平熱を知らないと発熱時の判断も難しいですし
    自分を知るという観点でも、部位、時間を決めて平熱を知っておこうと思いました。
    非常に参考になりました。ありがとうございました。

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア