理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染による初期症状?口内炎?






カスタム検索

HIV感染による初期症状?口内炎?

HIVに感染するような行為をした後に、口内炎が出来、感染を心配する人が多くいます。

今回は、HIV感染による口内炎について解説してみます。

最初に口内炎とは何かを解説してみます。

口内炎には以下の種類があります。

1.細菌感染による口内炎

2.ウイルス感染による口内炎

3.アフタ性口内炎

一般的に「口内炎」と言えば、「アフタ性口内炎」を指すことが一般的です。

外見的からは、一般的に「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」に分類され、

また痛みのあるなしから、「有痛性口内炎」と「無痛性口内炎」に分類されます。

先に示しましたように、細菌やウイルスに感染することによって発症するものも多くありますが、多くを占めるアフタ性口内炎については、その発症のメカニズムとして以下のことが考えられていますが、発生原因は正確には分かっていないのが実情です。

近年では、免疫学的異常が口内炎発生にかかわっているのではないかと考えられています。

発生原因としては、

1.偏食による鉄分やビタミンの不足

2.ストレスや睡眠不足

3.歯のかみ合わせ不良や、歯ブラシなどによる粘膜への物理的刺激(口内を噛むなど)

4.唾液の不足、口腔の乾燥

5.口腔内の不衛生

6.口内炎になりやすい体質の人(食物アレルギーの人や粘膜の薄い人)

7.ビタミン欠乏症の症状として口内炎

口内炎の原因として、「食べ物の好き嫌いが多い」、「胃腸粘膜が荒れている」から出来ると言う説が巷間にて一般化していますが、これらが原因で無い場合が多いことも確認されています。

なぜなら、疫学調査からして、偏食や胃腸と口内炎とでは因果関係が認められない事が多いからです。

それでは、HIV感染による初期症状として口内炎はあるのでしょうか?
HIV感染による初期症状として口内炎を起こすのは10%前後です。

先に述べましたように、口内炎は色々の原因で出来ることからして、口内炎が出来たから、それがHIV感染による初期症状とは言えません。

例えば、HIVに感染するような行為をして、感染不安に陥り、精神的ストレスになると口内炎が出来ることがあります。

また、常日頃から歯のかみ合わせが悪く、口内炎が出来ていたにもかかわらず、何もないときは気にかけていなく、不安な行為をして感染不安があるときに、口内炎を気にし、感染による初期症状と思いこむ場合もあります。

いずれにしても、口内炎は、多くの要因で出来ることから、HIV感染による初期症状とは一概には判断できません。

HIVの感染の判断は、適切な時期に適切なHIV検査を受けないと解りません。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 伝えたいこと
    ジャンル : 日記

    tag : HIV HIV感染の初期症状 口内炎

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア