理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 新しいHIV-1 RNA測定キットについて
FC2ブログ






カスタム検索

新しいHIV-1 RNA測定キットについて

ホロジックジャパン(株)は,HIV-1感染症の診断補助を目的に,核酸増幅法TMA(Transcription Mediated Amplification)法を用いた,HIV-1 RNA測定キット「アプティマR HIV-1」を2019年8月1日に発売しました。

「AptimaR HIV-1 Assay」はTMA法を用いて血液中のHIVの量を測定することで,病態の進行予測や抗HIV薬の薬効判定,治療の判断などに利用されます。

本検査試薬はHIV‐1 RNAの二つの領域(polとLTR)を標的として,酵素による転写を介した核酸増幅によって血液中のHIV-1の正確かつ特異的な定量測定を行う検査です。

HIV-1のグループM, N及びOを増幅するようデザインされたプライマーを用いることにより、これら特異的領域の増幅が可能となり、プライマーのデザインとこの2領域を標的にするこにより、HIV-1の正確で特異的な定量が確実なものになります。


本製品を用いた検出には専用機器「パンサーシステム」を使用して全自動で検査が行なえます。

「アプティマ HIV-1」は,既に米国,ヨーロッパ及びオーストラリア等で使用されています。

【検出感度】

サブタイプA/グループM・・・30コピー/mL
CRF01_AE/グループM・・・10コピー/mL
CRF02_AG/グループM・・・30コピー/mL
サブタイプB/グループM・・・10コピー/mL
サブタイプC/グループM・・・30コピー/mL
サブタイプD/グループM・・・15コピー/mL
サブタイプF/グループM・・・15コピー/mL
サブタイプG/グループM・・・30コピー/mL
グループN・・・10コピー/mL
グループO・・・15コピー/mL
【検査結果】

・Not Detected・・・HIV-1RNA検出せず

・<30コピー/mL・・・・HIV-1RNAは検出されるが測定加減未満

・30~10000000コピー/mL・・・HIV-1RNA濃度は30~10000000コピー/mLの測定範囲内

・>10000000コピー/mL・・・HIV-1RNA濃度は測定限界を超える

・Invalid・・・検査エラー、再検査の必要あり

現在我が国で利用されているHIV-1のPCR検査としては、下記の3製品となっています。

1.TaqMan HIV-1「オート」

2.アキュジーン m-HIV-1

3.アプティマR HIV-1

これら3製品のHIV-1のPCR検査の感度・特異性はほとんど同じです。

TaqMan HIV-1「オート」が我が国で最初に発売されたことから、採用数はTaqMan HIV-1「オート」が一番多いです。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : アプティマR HIV-1 TaqMan HIV-1「オート」

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア