理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 偽装の達人梅毒!!
FC2ブログ






カスタム検索

偽装の達人梅毒!!

梅毒は"偽装の達人"の異名をとる行為性感染症として有名です。

その多様な症例から、カナダ生まれの内科医であるウイリアム・オスラー(1849~1919)から"偽装の達人 (the great imitator) "と呼ばれました。

ではなぜ梅毒は"偽装の達人"と称されるのでしょうか?

梅毒トレポネーマに感染すると、感染した箇所即ち性器に出来たシコリや潰瘍、リンパ節の腫れは痛みがなく、ピンク色の皮疹など典型的な症状のほか、視力の低下、関節の痛み、頭痛などおよそ性行為感染症とは結びつかない多彩な症状を発現します。

要するに梅毒は、多彩な症状や病態を示すことから"偽装の達人"も呼ばれます。

梅毒は、3週・3ケ月・3年と症状を変化させていきます。



初期症状は、梅毒トレポネーマに感染後数週間から数ケ月経過すると自然に消失しますが、治癒したわけではなく体内には梅毒トレポネーマが数多く存在し、体を蝕み続けている他に第三者に感染させる力は極めて強い状態を保っています。

症状が自然に消失することから、当人は何もなかったかのように錯覚してしまうのです。

しかし体内では梅毒トレポネーマは各種臓器を蝕み続けているのです。

また若手の医師の多くは梅毒を診た経験がないいことから、梅毒を見逃したり、適切な検査をすることがないことがさらなる患者の増加に拍車をかけているのが現実です。

更に最近の梅毒は昔の梅毒のように典型時な症状を示さないものが多くなってきています。

従って適切な時期にて適切な梅毒検査を実施する知識が必要となります。

梅毒の診療分野は皮膚科ですから、皮膚科専門医の診察を受ける必要があります。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 梅毒

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア