理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 梅毒の用語解説-その1-
FC2ブログ






カスタム検索

梅毒の用語解説-その1-

梅毒の大流行に鑑みて、梅毒に関する用語を水会に分けてわかり易く解説していきます。

1.梅毒一次病変

性的接触等で梅毒トレポネーマが侵入した部位にできる病変のことを言います。

※皮膚病変としては、初期硬結、硬性下疳などがあるが、あいまいなびらん程度のこ
ともある※

2.梅毒二次病変

梅毒トレポネーマが体内で増殖し、血流に乗って体の隅々まで運ばれ、運ばれた先でできる病変のことを言います。

※病変は皮膚だけとは限らず、あらゆる臓器に引き起こされます※

※典型的な皮膚病変としては梅毒性バラ疹、丘疹性梅毒疹、扁平コンジローマなどがあります※

3.早期梅毒

梅毒トレポネーマに感染してから 1年以内の活動性梅毒。

※性交渉などの接触により第三者に感染させる力のある時期※

4.後期梅毒

梅毒トレポネーマに感染してから 1 年以上経過した活動性梅毒。

※第三者への感染力はほぼない時期※

5.第1期梅毒(早期梅毒第1期)

梅毒トレポネーマに感染してから3~9週の時期を言います。

この時期は当然梅毒検査は陽性となります。

一次病変のみを呈する活動性梅毒で、リンパ節の腫れを引き起こすことが多い。

6.第2期梅毒(早期梅毒第2期)

梅毒トレポネーマに感染してから9週~3ケ月の時期を言います。

この時期は当然梅毒検査は強陽性となります。

二次病変を呈する活動性梅毒で一次病変が残存している症例もある。

7.第3期梅毒

梅毒トレポネーマに感染してから3~10年の時期を言います。

この時期は当然梅毒検査は陽性となります。

心血管症状、ゴム腫、進行麻痺、脊髄癆などを呈する梅毒。

8.第4期梅毒

梅毒トレポネーマに感染してから10年以上経過した時期を言います。

心臓血管系・中枢神経が侵され、大動脈瘤・進行麻痺・痴呆などの障害が現れ日常生活でできなくなりやがて死に至ります。

現在はこのような梅毒はまず存在していません。

9.顕症梅毒

梅毒特有の症状が診られる梅毒。

第三者に感染させます。

10.無症候梅毒

梅毒の症状は認められないが、梅毒検査が陽性の梅毒。

第三者に感染させることはありません。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 梅毒

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア