理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 日本におけるHIV-2感染者の現状






カスタム検索

日本におけるHIV-2感染者の現状

HIV-2はHIV-1の発見より数年後に発見されたウイルスで、AIDSをごく少人数にしか発症しないウイルスです。

なぜHIV-2が多くの感染者に対して症状を発症しないのか、これについては現在でも完全には解明はされていません。

しかし、最近の研究ではHIV-2に感染すると宿主の免疫反応が強くなるから、あるいはHIVそのものの複製能力がもともと弱いからAIDSが発症しないのではないかということが提唱されています。

1992年と2002年に合わせて2例のHIV-2感染例が報告されていますが、いずれも韓国人感染者です。

2006年に関東地域の病院を喘息発作を主訴として受診し、加療のために入院した70代の男性が、日本人の報告例としてははじめてのHIV-2感染患者であることが確認されています。

この男性は35年前(1971年)に西アフリカ・セネガルで交通事故に遭い、現地病院にて脾摘手術を受けた際に、現地人から輸血を受けた既往歴があることが判明しています。

なおこの男性は過去に献血歴はなく、また本症例にみられた喘息症状とHIV感染との間には特に因果関係はないと考えられています。

我が国において性行為によってHIV-2に感染した事例としては、2009年に愛知県において5例のHIV-2感染症例が報告されています。

うち3例は来日中のアフリカ系外国人男性ですが、残り2例は日本人女性で、国内においてアフリカ系外国人男性との性交渉によって感染したと推定されています。

その後HIV-2感染事例の報告はありませんが、感染者が出ないという保証はありません。

現在日本で使用されているHIV検査では全てHIV-2感染を検出することは可能です。

1.迅速HIV抗体検査と通常のHIV抗体検査

不安な行為から12週で受ければHIV-2抗体の検出は可能です。

2.迅速HIV抗原抗体検査と通常の抗原HIV抗体検査(第四世代の抗原抗体検査)

不安な行為から12週で受ければHIV-2抗体の検出は可能です。

【注意事項】

※迅速HIV抗原抗体検査と通常の抗原HIV抗体検査(第四世代の抗原抗体検査)では、HIV-2の抗原は検出できません。

※リアルタイムPCR検査は、HIV-2の遺伝子は検出できません。

※※血液センター専用のNAT検査は、HIV-2を検出できますが、これは献血された血液の検査に使用され、医療機関で検査を受けることは出来ません。
  • スポンサードリンク

    tag : HIV-2 性行為による日本人のHIV-2感染者

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア