理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV検査についてー4.抗原抗体検査について-その1.迅速検査ー






カスタム検索

HIV検査についてー4.抗原抗体検査について-その1.迅速検査ー

第四世代抗原抗体検査は、HIV-1の体の一部の抗原(p24)と、HIV-1とHIV-2の抗体を調べる検査法です。

検査方法としては、エライサ法・酵素免疫測定法・イムノクロマト法などがありますが、今回はイムノクロマト法を利用した迅速検査について解説いたします。

イムノクロマト法を利用した迅速検査は、以下の二つが日本国内では認可されています。

1.エスプライン HIV Ag/Ab

2.ダイナスクリーン・HIV Combo-

これらの検査法の原理と感度は同等です。

但し、ダイナスクリーン・HIV Combo-は判定までに要する時間は20分でエスプライン HIV Ag/Abより5分長くなります。

感染30日でHIV-1の抗原p24の検出感度が高いことから、比較的早期のHIV-1感染の有無のスクリーニング検査に利用されています。

※これらの検査法は共にHIV-2の抗原は見つけることは出来ません※

適切な検査を受ける時期

1.HIV-1抗原は、不安な行為より30日から50日前後で受けることにより信頼できる結果が得られます。

※50日以上経過して受けると、血液中のHIV-1抗原の量が少なくなっていていることから、陽性であっても偽陰性反応を呈することがあります※

2.HIV-1及びHIV-2抗体は、不安な行為から12週以降に受けることにより信頼できる結果が得られます。

検査の特異性

ニセの陽性反応の出現率が低く、特異性は99.8%です。

【注意】どのような検査法でも特異性は100%にすることは出来ません。

即ち非常に低い確率でニセの陽性反応は出現してしまいます。

偽陽性反応の出現率は、イムノクロマト法特有の偽陽性反応は、1~5%前後出現する可能性があります。

偽の陰性反応即ち偽陰性反応、検査を受ける時期を間違わなければほぼ0%です。

抗原抗体検査の検査成績書について

抗原抗体検査の検査成績書には、「HIV抗原抗体検査」とは記載されていません。

健康保険の請求上の関係で、名称は「HIV-1,2抗体価」という記載となります
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 迅速抗原抗体検査 エスプライン HIV Ag/Ab ダイナスクリーン・HIV Combo-

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア