理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 梅毒の現状2016






カスタム検索

梅毒の現状2016

一旦撲滅しかかった梅毒が近年急激にその患者数を増加させています。

国立感染症研究所の発表によりますと、2016年に国内の医療機関から報告があった梅毒患者数は4518人で、この内東京都内の患者数は37%を占める1673人となっています。

男女別では、男性が70%以上の1218人、女性は455人で、年齢別では男性の中央値が39歳、女性は27歳となっています。

この数字は東京都では2011年以降、男女ともに梅毒の感染が急増しており、2007年の162人と比較すると、患者数は実に10.3倍という驚くべき数字となっています。

梅毒患者のうち40%近くを占める東京都内では、過去10年で10倍以上に急増したことが都と国立感染症研究所の分析で明らかになっています。

一昔前までは男性患者が大半を占めていましたが、近年患者全体に占める女性の割合が10年前より増加しつつ、15歳から24歳までの若年層に患者が増加しています。

妊娠可能年齢層における梅毒患者の増加は、妊婦が感染することで起こる先天性梅毒児の増加に結びつくことになります。

先天性梅毒児は、全国的には16件報告されており増加傾向にあります。

梅毒トレポネーマ感染している女性が妊娠すると、胎盤を通して梅毒トレポネーマが胎児に感染し生まれてくる子が先天性梅毒になることがあります。

胎児に感染するのは、妊婦が第1期~第2期梅毒で、治療を受けていないケースで、胎児が感染するリスクは60~80%と高率となっています。

現実、現在では妊娠初期の妊婦健診に、梅毒の検査が含まれており、仮に感染場見つかれば必要に応じて治療が行われるので、胎児に感染する例はほとんどありません。

妊娠時の梅毒検査は、母子健康法で義務付けられた検査ですから必ず受けることです。

検査の結果、梅毒と診断された場合ペニシリンを投与して治療を行えば、99%以上先天性梅毒を予防することが可能となっています。

先天性梅毒は、出産の4週間前までに治療を終わらせることで、赤ちゃんの感染を予防することは可能ですが、妊婦健診を受けていないと梅毒感染に気づくこと無く先天性梅毒の赤ちゃんを出産する悲劇となります。

先生性梅毒の赤ちゃんを出産した7人の母親のうち6人までが日本人で、10代が2人、20代は3人でいずれも未婚者で、生活保護の受給歴やクラミジアの感染歴があり、妊娠中に注意すべき性感染症に対する知識が乏しかったという事実があります。

梅毒の流行は、HIVの流行に結びつきますから、特に気をつける必要があります。

梅毒トレポネーマ感染予防は、コンドームでは出来にくいことから、梅毒トレポネーマに感染する可能性のある行為を一度でも行った人は、必ず梅毒検査を受ける必要があります。

梅毒トレポネーマ感染は、症状からは感染の判断はまずできません。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 梅毒の現状2016

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア