理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 抗HIV薬の服用とHIV検出限界以下について






カスタム検索

抗HIV薬の服用とHIV検出限界以下について

HIV感染が判明すると、血液中のHIVの量をPCRで検査します。

HIV検出限界以下とは、検査で血液中のHIVが検出できないことを言います。

HIV陽性者であっても、適切な治療を受けている人は体内のHIV量が検出できないほど少なく、本人の体調が維持できることはむろん、他の人にHIVを感染させる危険も極めて小さくなります。

しかしHIV量が検出限界以下というのは、完全に体内のHIVがゼロになったことを示すものではありません。

HIVは感染力が低いこともあり、抗HIV療法で治療をしていれば、相手への一定の感染予防効果はあり、感染率は低下しますが、全く感染させないということを確約するものではありません。

現在の抗HIV療法では、完全に体内のHIVを排除することは出来ません。

HIVが検出限界以下まで減少していても、血液中や体液中のリンパ組織内にHIVが存在する可能性があります。

血液中のHIVの量は人によりそれぞれ異なります。

それにより服用する抗HIV薬を選択します。

全ての感染者が同じ薬を使用するわけではありません。

現在は服用は1日1錠になってきています。

HIV薬することにより半年から1年以内に血液中のHIVが全く存在しなくなります、これをHIV検出限界以下と言います。

血液中のHIVが検出限界以下になると、HIVの薬剤耐性は起こらないと言われています。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV検出限界以下 HIV 抗HIV薬の服用

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア
    広告
    ↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
    アフィリエイト
    2016/04/22~2016/07/23
    シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
    2016/06/17~2016/09/17
    ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
    ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
    2016/07/15~2016/10/15
    ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
    2016/08/12~2016/11/12
    格安の結婚式を札幌で探す