理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIVとHSV(ヘルペスウイルス)との関係性






カスタム検索

HIVとHSV(ヘルペスウイルス)との関係性

HIVとHSVは互いに影響しあうウイルスです。

HIVの感染と深く関わっているといわれているのが、HSV-2(単純ヘルペス2型)です。

HSV-2は性器ヘルペスの原因となるウイルスで、極めて高い感染力を持ち性交渉によって感染します。

HSV-2は、HIV感染者の60~90%が感染しており、HSV-2に感染すると、HIVへの感染率も高くなります。

HIVとHSV-2に重複感染している人は、他者にもHIVを感染させる可能性が高くなります。

これは、性器ヘルペスに感染し発症していると、性器の炎症部分からHIVが感染しやすくなるためと考えられています。

逆に、HIVへの感染がHSV-2の感染の原因となることもあります。

これはHIVに感染することにより免疫不全起こることが原因で、性器ヘルペスの再発のサイクルが短くなり、頻繁に発症するようになります。

要するにHIV、HSVのどちらに感染していても、お互いに感染しやすくなってしまうということです。

HSV-2の感染者は、症状発現時には性交渉を控えるべきです。

HIVはコンドームで感染予防が可能ですが、HSVはコンドームでは完全に予防することは出来ません、要するにコンドームで覆われない部位では感染力を持つので、感染のリスクを減らすだけのものと考える必要があります。

現在の医学では、一度体内に入り込んだHIVを完全に取り除くことはできません。

HSV-2も一度感染すると症状が出ていなくても、一生涯完全に取り除くことは出来ません。

抗HIV薬により、体内にいるHIVの増殖を抑え、免疫力を維持することは可能になっています。

感染しても早期に発見し早期に治療すれば、普通の生活を送ることもできるようになっています。

エイズ発症後では、治療はかなり難しくなります。

不安な行為をしたしまった時には、必ず適切な時期にHIV検査を受けることです。

【補足】

単純ヘルペスウイルスは、1型と2型のタイプがあります。

口唇ヘルペスは1型で性器ヘルペスは2型に分類されますが、オーラルセックスの一般化により必ずしもこの区別はできなくなってきています。

  • スポンサードリンク

    tag : HIV HSV ヘルペスウイルス

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア