理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV-2-2.日本における性行為からの感染者-






カスタム検索

HIV-2-2.日本における性行為からの感染者-

2009年、愛知県において5例のHIV-2感染症例が報告され、うち3例は来日中のアフリカ系外国人男性でしたが、残り2例は日本人女性で、海外渡航歴が無いことと、HIV-2の疫学的流行地域出身者との交際歴を有していたことから日本国内での性交渉による感染が強く疑われました 。

この2名の日本人女性がわが国最初の性交渉からのHIV-2感染者ということになります。

その後、2015年12月時点まで新たなHIV-2感染事例は報告されていません。

また、今までに感染が判明したHIV-1の感染者の中にもHIV-2の感染者は認められていません。

2009年まで日本国内では性行為によるHIV-2の感染者は存在しなかったが、この日本女性2名のHIV-2感染者が確認されたことから、わが国でも、HIV-2感染者が拡大する危険性が指摘されています。

幸いなことにこの2名以外にHIV-2の感染者は見つかっていませんが、HIV-2の疫学動向を把握するためには、より詳細な疫学調査が必要です。

今回おさらいとしてHIV-2の検査の受け方を再度解説しておきます。

リアルタイPCR検査 は、HIV-1しか見つけることが出来ませんので、不安な行為から11日以降に、この検査を受けて陰性であれば、HIV-1の感染は否定できますが、HIV-2の感染の判断はできません。

従って不安な行為から12週で迅速抗体検査や抗原抗体検査を受けて、HIV-2の感染を否定する必要があります。

また、第四世代の抗原抗体検査を不安な行為から30日で受けて陰性であれば、HIV-1の感染は否定できますが、HIV-2の感染の判断はできません。

従って不安な行為から12週後に再度、抗原抗体検査を受けるか、あるいは迅速抗体検査を受けて、HIV-2の感染を否定する必要があります。

迅速抗体検査と第三世代の抗体検査は、不安な行為から12週以降に受ければ、HIV-1とHIV-2の感染の判断は可能です。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV-2-2.日本における性行為からの感染者-

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア
    広告
    ↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
    アフィリエイト
    2016/04/22~2016/07/23
    シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
    2016/06/17~2016/09/17
    ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
    ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
    2016/07/15~2016/10/15
    ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
    2016/08/12~2016/11/12
    格安の結婚式を札幌で探す