理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV-2-1.日本での第一号患者-






カスタム検索

HIV-2-1.日本での第一号患者-

数回に分けてHIV-2について解説いたします。

既にお分かりのこともありますが、再確認のつもりでお読みください。

HIV-2は、HIV-1の発見より数年遅れて発見されたウイルスです。

主に西アフリカで局地的に流行しているしているウイルスです。

それでは、日本ではいつ感染が確認されたのでしょうか?

2006年6月、関東地域の病院に喘息発作を訴えて受診した70代の男性が日本人の第一号感染者です。

この70代男性患者のHIV検査結果は、エライサ法によるHIV抗体検査が陽性であることからウエスタン・ブロット法による確認検査の結果、HIV-1抗体陰性、HIV-2抗体陽性であることが判明しました。

この血清をタイプ特異的なゼラチン粒子凝集法(PA HIV-1/2、富士レビオ)およびペプチラブ法(サノフィ-パスツール)によっても、HIV-1抗体陰性、HIV-2抗体陽性であることが裏付けられました。

更にアンプリコア法(ロッシュ)による血漿中HIV-1 RNAの定量検査は陰性という結果が得られています。

感染経路としては、1971年(35年前)に西アフリカ・セネガルで交通事故に遭い、現地病院にて脾摘手術を受けた際に、現地人から輸血を受けた既往歴があることが明らかことと、他に輸血歴もなく感染するリスクが認められないことからして西アフリカ・セネガルで受けた輸血による感染と結論付けられました。

また、喘息症状とHIV感染との間には特に因果関係はないと考えられています。


日本国内では、1992年と2002年に合わせて2例のHIV-2感染例が報告されていますが、いずれも韓国人感染者であったことから、本症例が日本人初のHIV-2感染者と確定されています

※1993年前後に、HIV-1感染血友病患者300例の中に、HIV-1とHIV-2共感染例が日本エイズ学会、日本輸血学会等で報告されていますが、これはHIV-1との血清学的交差反応によるニセの陽性反応と現在では確認されています※

※更にPCRによる特異的な遺伝子増幅も確認されたと発表されていますが、増幅産物の塩基配列データが得られていないことと、他の研究グループによって追認されていないことからして誤りとされています※
  • スポンサードリンク

    tag : HIV-2-1.日本での第一号患者-

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア