理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV/AIDSに関する基礎知識-1.初期症状-






カスタム検索

HIV/AIDSに関する基礎知識-1.初期症状-

HIVに感染後2~4週間程度後に初期症状が現れます。

ここで多くの人が勘違いしている初期症状について解説しておきます。

初期症状は、HIVに感染後2~4週間程度後に出ることから初期症状といいます。

要するにHIVに感染して初期に出る症状です。

ですから不安な行為から5週以降の体調不良の症状は、HIV感染による初期症状ではない確率が極めて高いということです。

初期症状とは、体内に侵入したHIVと身体の免疫機能との戦いの結果現れる症状です。

主な症状は、

39℃以上の発熱とともに全身のリンパ腺が左右対称に腫れ、関節痛、咽頭痛、倦怠感、全身に出る痒みも痛みもないバラ疹、そして場合によっては下痢など、風邪やインフルエンザや風疹と診断されるような症状が出現します。

HIV感染による初期症状は、風邪・インフルエンザ・風疹の症状とよく似ていることから、症状からのHIV感染の判断はできません。

また、初期症状が全く出ない人もあれば、出ても軽く気づかない人もあります。

これらの初期症状は、数日から長くても1週間以内には完全に消失し、以後出ることはありません。

また、一度消失した初期症状は再度出ることはありませんし、症状が消失したり出たりの繰り返しはありません。

初期症状が収まった後は、一切の症状のない無症候性キャリア期と移行していき、自覚症状が何もない時期が数年間続きます。

この間も体内では、HIVがリンパ球に感染し続けリンパ球を破壊していきますから、免疫機能は徐々に低下していきますが、感染者当人はそのことには気づくことはありません。

そして次に待ち構えているのは、エイズ発症です。

ここで再認識していただきたいのは、HIVに感染して初期症状の出る時期や、無症候性キャリアといわれる時期は、HIVに感染しているということでエイズではありません。

エイズとはHIVにより免疫が低下し、特有の症状を発症した状態を言います。

無症候性キャリア期には、体内でのHIVの量は一定のレベルに抑えられていますが、体内の免疫がある程度低下すると、抑えられていたHIVが一気に増殖します。

そして免疫が低下することによりよりさまざまな感染症すなわち日和見感染症に感染してしまいます。

※日和見感染症に関しては以下を参照して下さい。
     ↓
『エイズの指標疾患について』

日和見感染症を引き起こす病原体は、真菌(カビ)、細菌、ウイルス、原虫などがあります。

これら日和見感染症を引き起こす病原体は、身体が元気で免疫力がある時には従順で何の悪さをしませんが、免疫力が低下すると途端に反旗を翻して身体に悪さをし始めます。

ここ数年来では、HIV感染に気づかず、体調が極めて悪くなってから受診しその時にHIV感染を指摘されることが増加しています、このようなことを"いきなりエイズ"といいます。

HIV感染を指摘された時には、エイズを既に発症してしまっています。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : HIV感染による初期症状

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア