理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 再び梅毒流行??!!






カスタム検索

再び梅毒流行??!!

抗生物質の登場で梅毒は、押さえ込まれると多くの人が考えていましたが、さにあらず梅毒はしぶとく生き残り、現在では大流行しつつあります。

抑えこまれつつあった梅毒が、今になって急増している理由とは何でしょうか?

梅毒は、梅毒トレポネーマによる性行為感染症で、主に性行為やオーラルセックスにより感染します。

性器粘膜・皮膚や粘膜の小さな傷から感染します。

国立感染症研究所の統計によりますと、2004年から微増しはじめ、2011年の621例、2012年は875例となり、2013年には1226例と急増し、ここ3年で約2倍に患者数が増加しています。

梅毒患者の約80%が男性で、その内訳を年齢別の発生率でみると人口10万人当たりの発生率では、25歳から29歳の男性が3.9、35歳から39歳が3.4となっています。

男性の人口10万人の発生率は1.6ですから、25歳から29歳の若年層に梅毒が広がっていることがうかがえます。

また、近年の梅毒の特徴としては、男性と性交する男性に広まっていること、HIVとの混合感染が目立つことなどが挙げられます。

その他、眼梅毒、口腔咽頭梅毒、梅毒性直腸炎など、ひと言で梅毒といっても多様な症例が増えています。

梅毒は、ペニシリンを医師の指示通り服用することで完治します。

薬を服用する期間は、初期の梅毒感染の場合は2~4週間、中期の梅毒感染の場合は8~12週間ほど必要となります。

要するに早期発見・早期治療で抗生物質を服用する期間は短くなり、早く完治します。

梅毒はコンドームでも感染予防は出来ませんし、感染しても症状が見られないことが多いので感染するような行為をすれば必ず行為から1ケ月後に皮膚科又は性病科を受診することです。

そして最も危険なことは、梅毒感染に気づかず放置し、コンドームなしの性行為をすればHIVの感染リスクは極めて高くなるということです。
  • スポンサードリンク

    テーマ : 医療・病気・治療
    ジャンル : 心と身体

    tag : 再び梅毒流行??!!

  • 楽 天

    Googleブログ内検索


    Google

    地域別アクセス状況


    ジオターゲティング

    翻 訳

    ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
    プロフィール

    血液の鉄人

    Author:血液の鉄人
    FC2ブログへようこそ!

    長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

    是非とも参加をご検討下さい。
    性行為感染症検査キット
    エイズ相談窓口
    エイズに関する相談窓口
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    ご意見用メール


    track feed 血液の鉄人のささやき
    ウエルカム訪問カウンター
    日本一こだわり卵
    アクセスランキング
    忍者アクセスランキング
    フリーエリア
    忍者
    ValueCommerce

    自由テキスト





    楽天
    リンク
    HIV検査キット
    自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
    フリーエリア


    QRコード
    QRコード
    フリーエリア