理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2017年11月
FC2ブログ






カスタム検索

HIVといきなりエイズ

HIVに感染してからAIDSを発症までには10数年経過が必要とすることは常識であったが、近年では4~6年前後の短い期間で発症するようになってきています。

HIVに感染してもすぐにAIDSを発症することはなく、数年間の無症候期があることからして、日本国内においては実際のHIV感染者数は総診断数を上回ることが予測されています。

HIVに感染するリスクの高い不安な行為を行っても、HIV検査を受けずに放置し、数年後に体調が悪くなり受診して初めてHIV感染を指摘され、その時には既にAIDSを発症している所謂"いきなりエイズ"が全国では30%も存在する事が危惧されています。

ここで注目すべきこととして、福岡県では2013年以降"いきなりエイズ"が26%から50%に急上昇していることでしょう。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV いきなりエイズ

HIV郵送検査利用に当たっての注意

民間会社が実施するHIVの郵送検査を2015年と2016年の2年間に利用して陽性と判定された248人のうち、検査会社が確定診断のため医療機関を紹介できたのは78件、医療機関の受診を確認できたのは6人(2%)しかいないことが厚生労働省研究班の調査で明らかになっています。

HIV郵送検査は、専用の器具で採血して会社や検査センターに郵便で送り、検査終了後検査結果がウェブなどで確認できる便利さが受けて毎年利用者はうなぎのぼりに増加しつつあります。

その利用者は2016年は10年前の2倍超の約9万件となっています。

一方、職員らと顔を合わせプライバシー保護の問題や受けられる日時の関係上、保健所などでの検査は、2010年以降は13万件前後で推移しているのが実情です。

郵送HIV検査を実施している会社11社全てが陽性が判明した場合には、医療機関を受診するようホームページで勧めていますが、医療機関の受診を確認する取り組みをしているのは1社のみで、受診を確認できたのは6人というお粗末な結果となっています。

一方保健所など医療機関で検査が陽性となった場合は、対面で陽性者の相談にのり、陽性者の9割弱が医療機関を受診したことを確認できたという厚労省研究班の報告もあります。

実際郵送HIV検査を利用して陽性となった人が何人受診したかを会社側が把握していないだけで、もっと多くの人が受診した可能性はあると指摘する専門家もいます。

郵送HIV検査は確かに便利ですが、検査を受けて結果を出すだけではなく陽性となった人を医療機関の受診を促し、受診したことを確認できる工夫が必要であると考えます。

郵送HIV検査を受けと陽性となっても、確認検査をしないと真の陽性であるとの判断はできません。

感染していると確認されれば、感染を確認して治療を始めないと症状は悪化し、パートナーへの二次感染のリスクも当然あります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV郵送検査

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア