理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2013年10月






カスタム検索

コンドームを使用したのにHIVに感染!!??

コンドームを使用したにもかかわらずHIVに感染したために、コンドームHIV感染に役に立たないということを耳にすることがありますが、これは事実なのでしょうか?

今回は、コンドームHIV感染予防について検証してみます。

コンドームを正しく使用して、破損脱落がなければHIVの感染予防が可能なことは、WHOや世界各国の研究者およびHIV感染予防に携わっているNPOも認めていることです。

現実世界各国でコンドームの正しい使用の普及により、HIVの感染者を激減させることに成功しています。

では何故コンドーを使用したにもかかわらずHIVに感染したのでしょうか??

これは誰しもが抱く疑問です。

コンドームを使用したにもかかわらずHIVに感染した事例を分析してみました。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム

慢性化しやすい欧米由来のHBV遺伝子型Aの感染が性行為により急速に感染増加!!

厚生労働省の研究班が全国の協力施設と共同で、1982~2010年までのB型急性肝炎1088例を調査した結果、2010年には急性肝炎の65%が欧米由来のHBV遺伝子型Aに起因することが明らかになっています。

特に首都圏のある地域では、急性肝炎の80~90%を欧米由来のHBV遺伝子型Aが占めているという調査データも存在します。

母子感染を中心に、従来日本国内で広がっていたのは遺伝子型Bと遺伝子型Cで、いずれも乳幼児で感染すると一生排除できないが、成人で感染すると、劇症肝炎を起こす一部を除いて一過性肝炎を経て慢性化しないことが知られています。

反面、欧米由来のHBV遺伝子型Aの特徴は急性肝炎の後に一部が慢性化することにあります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 欧米由来のHBV遺伝子型A

原因不明の体調不良には気をつけよう!!

わが国は、先進国の中で唯一エイズ患者が増加している国です。

現在では、特に中高年者のエイズ患者の増加が著明です。

しかも、HIVに感染するような危険な行為をしても、HIV検査を受けないで放置し、体調が悪くなってから受診して、その時にHIV感染を指摘されることがほとんどです、

HIV感染を指摘された時には既にエイズを発症しているという最悪なケースが殆んどです。

いわゆる"いきなりエイズ"です。

言い換えますと、中高年者のHIV感染者のほとんどがいきなりエイズで発見されていることになります。

HIV検査を受ける人は、若者から壮年が多く、中高年者は殆どと言って良いくらいHIV検査を受けていません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 原因不明の体調不良には気をつけよう いきなりエイズ

"生涯現役"に潜む危険性について

一昔前には、HIV感染、AIDS発症は、若者中心でしたが現在では中高年中心となりつつあります。

2013年4~6月に新たに報告されたAIDS発症者は146人で過去最多となってます。

しかも、その内50歳以上が58人と全体の40%近くを占めているということです。

ここ数年間中高年のAIDS患者が急激に増えているということは、何を意味しているのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 生涯現役

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア