理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2011年08月






カスタム検索

AIDS無症候性期間の決定要因とは??

HIVに感染すると、感染直後の急性期の後、5~10年の無症候期の時期(最近では3年前後で)を経て徐々に免疫機能が低下し、色々な日和見感染や合併症を併発します。

無症候期の期間は患者・感染者によって大きく異なりますが、これは患者・感染側の因子によるものなのか、HIV側の因子によるものなのかは未だ解明されていません。

HIV側の要因について、劇症経過を示したAIDS患者例(それまで健康であった24歳の日本人男性で、非常に高いHIV血症を持続しながらも、HIVに対する抗体反応がほとんど起こらず、約8カ月という短期間にAIDSにより死亡した劇症型AIDS症例)から、次のような検討がされました。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS AIDS無症候性期間 劇症型AIDS

HIVの冬眠について

よくHIV冬眠のことを質問されますが、HIV冬眠する作用について解説してみます。

HIVは血液の中の成分のリンパ球の中と血漿と呼ばれる液体成分の中に存在します。

そしてこれらHIVの存在する血液が、性器粘膜からや傷口から身体の中に入ると感染が成立します。

血液の中のHIVは、血液そのものが身体の中で生きている限り増殖を繰り返しながら生き続けます。

血液が体の外に一度出ると、血液の凝固作用により凝固して乾燥変質してしまい、血液中のHIVも変質死滅してしまいます。

そこでHIVの冬眠はどのようにして起こるのかを解説しますと、

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 冬眠 真空凍結乾燥 血漿

HIV治療による生存期間はどの程度なのか?

HIVに感染して、抗HIV薬を服用した場合、どの程度の期間生存できるのかとの質問をよく受けます。

今囘HIV治療による生存期間について参考となるニュースが配信されましたので紹介します。

1980年代に韓国内で発見されたAIDSの男女感染者の26年間の生存が確認されたと、2011年8月21日と韓国メディアが報じています。


この患者は、韓国公式の第1号患者は男性55歳で、1985年にHIVに感染し、抗HIV薬を服用しながら健康管理を行い、一般人と同様に健康に暮らしているとのことです。

また、1988年に性的接触が原因で感染した女性第1号患者60歳も免疫不全は認められず普通の生活をしています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 抗HIV薬 いきなりエイズ AIDS HIV検査

最近のHIV感染者の傾向について

世界的に見てHIV感染者は5千万人以上で、特にアフリカのサハラ以南に世界中の感染者の約60%が存在します。

わが国では、201年現在HIV感染者とAIDS患者合わせて18000人以上存在し、感染者は増加傾向にありますが、検査を受ける人が減少していることからして、潜在的なHIV感染者は数万人以上存在するとも指摘されています。

一昔前までは、AIDSは同性愛者の病気と思い込まれていましたが、現在ではHIV感染者の約半数が同性愛ではない人、即ち異性間性交による感染者です。

また、最近特に注目されているのがHIV感染者の高齢化です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV感染者 HIV検査

この発疹の真の原因はHIV?それとも何??

再度発疹の写真をよく見てください。

りんご病発疹2

一般的に言われているHIV感染による初期症状発疹と考えられがちです。

行為の2~3週後に38~37℃の発熱・手足の関節痛なども現れたことからして、当然HIV感染による初期症状と思い込んでも当然です。

この発疹HIV感染によるものなのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV りんご病 発疹 初期症状

コンドーム無しの性行為の後発疹が全身に出ました!!

風俗店でコンドームなしの性行為をしてしまいました。

行為の4~5週後に38~39℃の発熱があり、発熱の2~3日後に、手・腕・太ももにバラ色の発疹ができ、その後全身に広がりました。

これはHIV感染による初期症状でしょうか?

次の発疹の写真をよく見て考えてください。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 初期症状 発疹

不安な行為から3週間後に発疹が出ました!!これはHIV感染??-その真実は-

再度発疹をよく見てください。

発疹-1-

続きを読む

テーマ : 病気・症状
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 発疹 初期症状

不安な行為から3週間後に発疹が出ました!!これはHIV感染??

飲みに行き見ず知らずの女性と意気投合し、酔った勢いでコンドーム無しの性行為をしてしまいました。

相手の女性のことは全くわかりません。

行為の3週間後、38~39℃前後の発熱と共に耳介後部、後頭部、頚部のリンパ節が腫れ、写真のような発疹が全身に出現ました。

続きを読む

テーマ : 病気・症状
ジャンル : 心と身体

tag : 発疹 HIV 初期症状

大人の手足口病にご注意!!

手足口病が大流行しています!!

手足口病を引き起こすウイルスは、コクサッキーウイルスA16(CA16)あるいは他の種類のコクサッキーウイルスA(CA10など)、あるいはエンテロウイルス71(EV71)です。

従って手足口病に1度感染しても、その感染原因となったウイルス以外には免疫を持っていないので、他の種類のウイルスによる手足口病に再度感染する可能性はあります。

手足口病は、4歳位までの幼児を中心とした感染症ですが、学童でも流行が見られることがあり、大人でもかかる可能性があります。

この度の流行で大人の感染例もかなり報告されています。

大人が感染すると激しい症状となることがあります。

主な症状としては、

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 手足口病 HIV

エイズノイローゼに陥らない為に-クンニリングス編-

エイズノイローゼに陥らないために気をつけることを数回に分けて解説していきます。

よく読まれてエイズノイローゼに陥らないようにしてください。

クンニリングス

クンニリングスをする側

HIVを含む膣分泌液から、口や舌などの粘膜から感染する可能性が低いながら当然あります。

しかし、多くの膣分泌液が口の中に入り続けないと感染力の非常に弱いHIVの感染はまず無いと考えられます。

注意しなければならないのは、相手が生理で出血がある場合は、特に生理の血液には多くのHIVが含まれていますのでHIVの感染リスクが高くなります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ HIV クンニリングス

『新医学と切手の極意』への新規原稿追加のお知らせ

新医学と切手の極意』の『新知識の窓』に新規原稿を追加しましたので、是非ともご覧ください。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 新医学と切手の極意 新知識の窓 いきなりエイズ

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア