理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2010年12月






カスタム検索

HIV検査の正しい受け方について?その4?

4.何故HIVのPCR検査をNAT検査と総称してして呼ぶのか、

1.HIVのPCR検査が医療機関でHIV検査として採用される前にNAT検査が血液センターで実施されていたことから、NAT検査と言う名前が広く一般に浸透した。

2.リアルタイムPCR検査が開発されても、NAT検査の名称があまりにも有名であったことから、リアルタイムPCR検査も世間ではNAT検査と呼ばれるようになった。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : NAT リアルタイムPCR

血液の鉄人からのお知らせ

『新 医学と切手の極意』の『新 知識の窓』に新規原稿を追加しましたので是非とも御覧ください。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 新医学と切手の極意 新知識の窓 性行為感染症の感染率

HIV検査の正しい受け方について?その3?

3.NAT検査

NAT検査は、HIV・HBV・HCVを同時に見つけることの出来る検査法です。

この検査は、HIV・HBV・HCVの遺伝子の一部の核酸を化学的に増幅して調べる検査法で、陽性となった場合は、HIV・HBV・HCVのいずれに陽性か分かりませんので、HIV・HBV・HCVのそれぞれの個別NAT検査を実施してどのウイルスに感染しているかを鑑別します。

NAT検査は、HIV-1とHIV-2の感染を見つけることが可能です。

リアルタイムPCRは、HIV-1の感染しか見つけることが出来ません

また、不安な行為から11日が経過すれば、信頼できる結果が得られます。

そして、このNAT検査法は、血液センター専用の検査法で、医療機関や保健所では受けることができません。

従って医療機関や保健所でNAT検査と呼ばれている検査法は、実際はNAT検査ではなくリアルタイムPCR検査です。

その為、医療機関や保健所でNAT検査をして欲しいと言っても、「NAT検査はしていません」と言われる場合の意味は、以下の二つです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : NAT検査 HIV

HIV検査の正しい受け方について?その2?

2.HIVの遺伝子の一種である核酸を見つけるリアルタイムPCR検査

リアルタイムPCR検査は、HIVの遺伝子の核酸を化学的に増幅(特殊な処理をして数を増やす)して、その核酸を検出する方法です。

血液中のHIVを化学的に増幅させることから、少ない量のHIVしか血液中に存在しなくても見つけることが可能です。

本来はHIV感染者・AIDS患者の治療で、血液中のHIVの量がどの程度減少しているかを調べる(治療効果を調べる)検査法ですが、検査の感度が高く、感染の早い時期から信頼できる結果が得られることから、HIV検査に採用された経緯があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV リアルタイムPCR検査 AIDS

HIV検査の正しい受け方について?その1?

HIV検査の受ける時期や検査結果の解釈についての質問が多く寄せられることから、再度確認のために解説しておきます。

HIV検査の種類としては二種類存在します。

まず最初に、HIV抗体検査について解説します。

HIVが体の中に侵入して、体の免疫機能が負けてHIVの感染が成立しますと、血液の中にHIV感染抗体が出来ます。

このHIV感染抗体を見つけるのがHIV抗体検査です。

体の中にHIV抗体の出来る時期は、人により異なり早い人では、4週で抗体が出来ますが、多くは12週までに抗体が出来ます。

HIV抗体が出来ても、HIV抗体検査で見つかる量が出来ていないと、HIV検査を受けても陰性(偽陰性反応)となってしまいます。

実際感染していても、血液の中にHIV抗体検査で見つかる量のHIV抗体が出来ていないと検査を受けても意味がありません。


そのことから、HIV抗体検査を受ける時期は非常に大切です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV抗体検査の正しい受け方 第三世代のHIV抗体検査 即日(迅速)抗体検査 第四世代の抗原抗体検査第四世代の即日(迅速)抗原抗体

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか?-7-

7.洗濯でのHIV感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか?

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか?-6.風呂・温泉・プールでのHIV感染は起こりえるのか?-

日常生活の中では、他人と同じものを共有したり、知らないうちに他人が使ったものを後から使用することもあり、
他人の血液が知らないうちに着いたりすることもあります。

前回2010.10.11?2010.10.20まで掲載した続きとして日常生活でのHIV感染の可能性についてQ&A形式で簡単明瞭に解説してみます。

6.風呂・温泉・プールでのHIV感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 日常生活でのHIV感染

『新医学と切手の極意』に新規原稿掲載のお知らせ

2010年12月18日、『新医学と切手の極意』に新規原稿を追加しましたのでご覧ください。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 亀頭包皮炎 新医学と切手の極意

海外での輸血の安全性について

わが国はの輸血用血液は100%善意の献血による血液です。

献血の際の事前チェックの厳しさ、採血された血液検査は世界で一番高水準で優れた検査方法を採用して、世界で一番安全な血液と評価されています。

輸血された血液からの感染の感染率は、非常に低く、HIVの感染は、1500?2000万分の1と推計されています。

輸血によるHIV感染の確率は極めて低いといえますが、ゼロではありません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 輸血

HIV/AIDSに対しての考え方についての再確認

HIV感染に対して一番重要なことは、早期発見、早期治療につきます。

近年のHIV治療法の進歩はめざましくめざましく治療効果が高くなっています。

しかしHIVは一度感染すると、体内からHIVを完全に排除することは出来ませんが、AIDSの発症を押さえ込み、健康な人と同じ社会生活が可能となってきています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS 感染予防 HIV検査

HIV予防ワクチンがなかなか出来ない理由とは?

HIVのウイルス構造が解明され、なおかつ感染経路も解明された現在、有効なHIV予防ワクチンは未だ日の目を見ていません。

今まで多くのHIV予防ワクチンの開発が報告されていまいが、いずれもHIV感染を予防する事が出来ず、消え去っています。

多くのウイルス感染症の予防ワクチンが開発されて、感染予防に役立っているにもかかわらず、何故HIV予防ワクチンが出来ないのでしょうか?

今日はこのような素朴な疑問について簡単に解説しみます。

まず、

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS 予防ワクチン

AIDSの治療法について

2010年12月現時点でAIDSの治療法はありません

これほど医学や科学が進歩した時代にであっても、今でHIV予防ワクチンHIVを体内から排除したり、無毒化する治療薬はありません。

HIV予防ワクチンの開発は、HIVの変異の早さから、HIV予防ワクチンの開発が追いつかないという事情があります。

HIVがいったん感染すると、HIVを無毒化する治療薬はなく、HIVの増殖を抑えてAIDSの発症を押さえ込む治療薬しかありません、また、この治療薬も耐性HIVの出現と副作用があることも事実です。

もう一つ重要なこととして、細菌・真菌・原虫・ウイルス等による日和見感染です。細菌による日和見感染に対してはよい薬があり、真菌、原虫による日和見感染にもかなり有効な薬があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS HIV予防ワクチン

HIVが侵入しやすいDNAの配列を発見!!

京都大医学研究科の鶴山竜昭准教授と理学研究科の吉川研一教授は、HIVなどのレトロウイルスの遺伝子が、感染する細胞のDNAに組み込まれる際、ランダムではなく一定の傾向を持つ可能性が高いことを見つけ、米科学誌プロスワンに2010年11月5日発表しました。

レトロウイルスは、自分の遺伝子を感染する細胞のDNAに組み込んで増殖ますが、組み込まれたレトロウイルスの遺伝子が、感染した細胞のがん遺伝子などを活性化する恐れがあるが、DNA上のどの部分に組み込まれるかについては、一定の傾向はないとの考えが一般的でしたが、今回の発見によって、感染のメカニズムが解明されると期待されています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV DNA HIV予防ワクチン 抗HIV薬

HIV感染に気づかない人が大半??!!

現在のわが国のHIV/AIDSの現状は、非常に深刻な状況と言えます。

先進各国では新規HIV感染者と新規AIDS発症者は減少していますが、わが国だけは共に増加し、減少する気配がありません。

先進各国での新規HIV感染者と新規AIDS発症者の減少は、コンドームなどを使用してのHIV感染予防が功を奏していることと、感染するような行為があった場合のHIV検査を受ける人が多いことから、感染に早期に気づき、適切な治療を早期から行うことにより、AIDSの発症を抑えこむことから、新規AIDS患者の発生率も低くなってきているわけです。

一方わが国では、

1.HIV感染は他人ごと思い込み正しい予防対策を取らない人が多い。

2.HIVに感染するような不安な行為をしても、HIV検査を受ける人が少ない。

3.その結果HIVに感染していることに気づかず、体調が悪くなってから病院を訪れ、その際の検査でHIV感染が判明している。

4.そして感染から年月が経過して治療を行ってもすでに遅く、AIDSを発症しているか、発症を抑えられず発症してします


HIVに感染してAIDS発症前に治療を開始するか、発症してしまってから治療を開始するタイミングの違いで、その後の生存期間が大きく異なることが明らかになっています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS コンドーム セイフティ・セックス HIV検査

wAds(ワッズ)とは何?貴方は知っていますか??!!?2?

wAdsのミッションは、「日本のHIV/AIDSをめぐる問題に対し、若者から変わっていこう」です。

1.新規HIV感染者、AIDS発症者増加の防止

2.HIV感染者・AIDS患者との共生社会

を、実現していくことを目標としています。

3つのターゲットとアプローチ

1.若者関心層(HIV/AIDSに関心を持ち、予防啓発活動を行っている、もしくは行いたいと思っている若者)

 HIV/AIDS予防啓発活動を行う若者同士の情報交換・協働の場の創出による活動の強化

2.若者無関心層(HIV/AIDSに対する関心が薄く、効果的な予防方法を知らなかったり予防行動をとることができない若者)

若者の視点に立った、無関心層向けの予防啓発活動の活性化、無関心層の行動変容促進

3.メディア・企業・市民社会など若者を取り巻く社会

(HIV/AIDS関連の施策や制度設計・風潮に影響を与える人たち)

若者の立場から日本のHIV/エイズをめぐる問題を提起し、情報発信・政策提言を推進

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS wAds 血液の鉄人

wAds(ワッズ)とは何?貴方は知っていますか??!!?1?

wAdsとは(World AIDS Day Series)の頭文字を取ったものです。

12月1日の世界エイズデーに合わせて、約2ヶ月間にわたり実施されるHIV/AIDS全国意識喚起キャンペーンです。

wAdsは、次のような背景・問題意識の下に、2005年に始まりました。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : HIV AIDS wAds

『新 医学と切手の極意』に新規原稿追加のお知らせ

『新 医学と切手の極意』の『医事通信』新規原稿を追加しましたので、是非ともご覧ください。

現在の日本におけるHIV/AIDSの現状が把握できます。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : HIV AIDS 新医学と切手の極意

中国でHIV感染者、AIDS患者の増加!深刻化!!

中国政府・衛生部は、201011月29日、中国国内で報告されたHIV感染者は、2010年10月までの累計で37万人以上に達し、そのうち13万人以上が発症し、6万8000人以上が死亡したと発表したと発表しました。

この発表を受けて中国国務院常務会議は、AIDSの予防と感染抑制が「民族の興亡と国家の存亡にかかわる」と指摘し、事態を深刻視する姿勢を表明しました。

中国衛生部が29日に発表した数字は、医療機関などを通じて報告があった件数で、中国政府やWHOなどが共同でまとめた推定では、中国で存命のHIV感染者は約74万人で、AIDS発症者は10万5000人。

2009年における新規のAIDS発症者は4万8000人で、AIDSに関連する死亡者は2万6000人と見積もられています。

これらの数字を見ても中国政府自身が、HIV感染の実態を十分把握しきれていないことが明らかになってきています。

更に中国独特の事情からして、これらの数字はほんの氷山の一角に過ぎず、HIV感染者、AIDS患者は、実際はもっと多く存在すると考えられています。

中国衛生部は、HIV感染とAIDS発症の最近の傾向として,以下のような分析をしています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS 中国

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア