理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2010年10月






カスタム検索

お知らせ

ブログ・『血液の鉄人のささやき』に訪問いただきありがとうございます。

2010年10月29日、『新医学と切手の極意』の『新知識の窓』に新規原稿を追加しましたので是非とも御覧ください。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 性行為感染症

クラミジアは本当にコンドームで感染を防げるの??

クラミジア感染は、ディープキスフェラチオクンニンリングスなどのオーラルセックスによって感染することからして、コンドームを性行為時のみに使用しても、感染を防ぐことは困難です。

極端な言い方をすれば、オーラルセックスを全く行わず、最初の挿入からコンドームを正しく使用した場合にのみ、コンドームによるクラミジア感染は予防可能となります。


特に性風俗店でのクラミジア感染が増大していることは、コンドームの使用による感染防止は出来ていないことを証明しています。

クラミジア感染者の現状としては、

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : クラミジア HIV ディープキス フェラチオ クンニンリングス オーラルセックス コンドーム

咽頭クラミジアの治療法について

性器クラミジアに感染した場合は、性病科や泌尿器科を受診して治療を受けますが、咽頭クラミジアは、耳鼻咽頭科での検査、治療を受けることになります。

ただし、耳鼻咽頭科でも治療や検査を行っていない病院もあるので、受診する際には電話などで事前に確認しておく必要があります。

咽頭クラミジアの治療は、抗生物質やサルファ剤による内服治療が行われます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : クラミジア 性器クラミジア 咽頭クラミジア

クラミジアはどのような病気なのかの再認識!!

現在、わが国において一番多い性行為感染症で、感染者数は100万人に達していると言われています。

特に10代後半から20代にかけて感染者が増加する傾向にあり、女性の20-24歳で16人に1人、15-19歳で21人に1人が感染しているとの疫学的調査による報告があります。

1回の性行為での感染率が50%と非常に高く、女性では80%、男性では50%に感染症状が現れないので、知らないうちに感染し、知らないうちにパートナーに感染させて感染者を増大させています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV クラミジア フェラチオ 膣性交 肛門性交 クンニンリングス ディープキス

クラミジア感染の真の怖さを知っていますか!!??

クラミジア感染そのものは、的確な治療をすれば完治することから、さほど怖い感染症ではありません。

感染に気づかず治療を怠り放置していると感染範囲が広がり、不妊症の原因となることと、恋人や妻(夫)に感染させていく恐ろしい感染症となります。

感染するような行為をしたときは、必ず検査を受けて感染していれば、早く治療を受けることが大切です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : クラミジア HIV 性行為感染症 咽頭 オーラルセックス 性器

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか??5?

日常生活の中では、他人と同じものを共有したり、知らないうちに他人が使ったものを後から使用することもあり、他人の血液が知らないうちに着いたりすることもあります。

日常生活でのHIV感染の可能性についてQ&A形式で簡単明瞭に解説してみます。

5.飲み物や食べ物からのHIV感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 食べ物からの感染 唾液 コップ

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか??4?

日常生活の中では、他人と同じものを共有したり、知らないうちに他人が使ったものを後から使用することもあり、他人の血液が知らないうちに着いたりすることもあります。

日常生活でのHIV感染の可能性についてQ&A形式で簡単明瞭に解説してみます。

4.トイレでのHIV感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV トイレ 便座

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか??3?

日常生活の中では、他人と同じものを共有したり、知らないうちに他人が使ったものを後から使用することもあり、他人の血液が知らないうちに着いたりすることもあります。

日常生活でのHIV感染の可能性についてQ&A形式で簡単明瞭に解説してみます。

3.歯ブラシやひげそりの共用からのHIV感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV感染 歯ブラシ カミソリ 共有

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか??2?

日常生活の中では、他人と同じものを共有したり、知らないうちに他人が使ったものを後から使用することもあり、他人の血液が知らないうちに着いたりすることもあります。

日常生活でのHIV感染の可能性についてQ&A形式で簡単明瞭に解説してみます。

2.タトゥー刺青)でのHIV感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HBV HCV 刺青 タトゥー 日常生活

シリーズ 日常生活でのHIV感染は起こりえるのか??1?

日常生活の中では、他人と同じものを共有したり、知らないうちに他人が使ったものを後から使用することもあり、他人の血液が知らないうちに着いたりすることもあります。

日常生活でのHIV感染についての質問が多く寄せられることから、シリーズで日常生活でのHIV感染の可能性についてQ&A形式で簡単明瞭に解説してみます。

1.ピアスからの感染は起こりえるのか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV ピアス

淋菌の咽頭感染の検査と治療は?

咽頭に感染した淋菌の検査物は咽頭ぬぐい液を使用します。

淋菌咽頭感染の検査は染色法と呼ばれる淋菌を染色する検査が一般的でが、PCR(核酸増幅法)は口腔内の常在細菌との交差反応があるため咽頭の淋菌検査では、偽陽性反応が出現しやすいことから、現在は咽頭の淋菌検査法としては、咽頭うがい液による核酸増幅法のBDプローブテックET(SDA)法を使用します。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 淋菌 HIV 咽頭感染 性器感染

淋菌の咽頭感染の実態について

淋菌の咽頭感染に関しては、性器に淋菌感染が認められた患者の咽頭からの淋菌検出率が、男性で12%、女性で70%という驚くべき報告があります。

特にオーラルセックスを行なう女性性風俗従事者(オーラルセックスを主とする行為を行う)の咽頭の淋菌陽性率が13.8%、ソープランド嬢(主に性交を行なう女性性風俗従事者)では5.1%という報告もされています。

淋菌の咽頭感染もクラミジア感染と同様にほとんど自覚症状はありませんが、感染例の約15%に咽頭の痛みなどの咽頭炎の症状が認められています。

このことからして、性行為をしない風俗店での性行為感染症の感染はないというのは、間違った認識といえます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 淋菌 HIV 性行為感染症 風俗店 咽頭淋菌感染 ディープキス フェラチオ クンニンリングス

現在のクラミジア感染症について

一般的にクラミジア感染症といえば、性器クラミジアのことを言う性行為感染症ですが、クラミジア感染症の病原体であるクラミジア・トラコマチスは、性器以外にも、目や喉に感染します。

ラミジア感染症の病原体が喉に感染した疾患のことを「咽頭クラミジア」と呼びます。

咽頭クラミジアが疑われる時は、喉の奥の粘膜を採取して病原体のクラミジア・トラコマチスの検出を試みます。

体の細胞内に感染したクラミジア・トラコマチスは、治療をせずにそのまま放置すると、細胞内でどんどん増殖し炎症を起こします。

そのため、「喉の腫れ・痛み」、「発熱」等の症状が見られるますが、咽頭クラミジアの症状は、風邪のときに見られる症状とよく似ていることから、症状だけでクラミジア感染症とは判断できません。

仮に咽頭にクラミジアが感染していたとしても、すべての感染者にこれらの症状が現れるわけではなく、咽頭クラミジアによる症状は比較的軽いことから、咽頭のクラミジア検査でも受けてみなければ感染しているの判断は出来ません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 咽頭クラミジア 性器クラミジア HIV 性行為感染症 性行為 オーラルセックス

性行為感染症の感染予防にはコンドームが必須!!

膣性交および肛門性交での性行為感染症の感染予防のためには、コンドームの正しい使用は不可欠です。

特にHIV感染予防には正しいコンドームの使用は最大の感染予防になります。

HIVは他の性行為感染症と異なり、一度感染すると、体内からHIVを無毒化して完全に除去することは現時点ではできません。

そのためにもコンドームによる感染予防が重要となります。

現在日本では、性行為によるHIV感染者の状況はどのようになっているのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム 性行為感染症 異性間性交 男性同性間性交 MSM バイセクシャル ホモセクシャル

モーニングアフターピルを知っていますか?

モーニングアフターピル」は、緊急避妊用の薬です。

この薬は妊娠の成立を防ぐ為に使用する薬です。

望まない妊娠を避けるためには上手に活用すれば、防ぐことが出来ます。

性行為から72時間以内に服用することで、望まない妊娠を防止できることから、必要性を感じた女性は直ぐに産婦人科を受診して処方してもらわれることです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : モーニングアフターピル HIV 性行為感染症 コンドーム

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア