理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2010年08月






カスタム検索

性行為感染症Q&A?14?

Q14:コンドーム無しの性行為の5日後に40℃前後の発熱がありました、HIVに感染したのでしょうか ?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム 発熱 性行為感染症

性行為感染症Q&A?13?

Q13:尿道に違和感がありますが、尿道から膿が出ないし、排尿痛がないのに尿道炎ですか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 尿道炎 HIV 淋菌 クラミジア

性行為感染症Q&A?12?

Q12: コンドームを使用すれば、HIVやその他の性行為感染症を完全に予防できるの?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : コンドーム 性行為感染症 HIV WHO

こんなセックスをしていると性行為感染症に感染するリスクが高くなり危険!あなたは大丈夫ですか?

これから紹介するような行為をしている人は、HIVを含む性行為感染症に感染するリスクが高くなりますので、注意が必要です。

1.セックスの際には一切コンドームを使用しない。

コンドームは避妊が目的だけでなく、性行為感染症の感染を予防する一番の方法です。
しかし、正しく使用しないと感染予防は出来ません。
コンドームを使用すると快感が得られにくいから、いつも「生でする」人は、HIVを含む性行為感染症に何時感染しても不思議ではありません。

2.セックスする相手が複数いる。

100%安全なセックスパートナーとのセイフティセックスを心がけていない限り、感染のリスクが高くなります。

3.相手に複数のパートナーがいる。

相手が別の人から性行為感染症を感染させられ、その性行為感染症を移される危険が限りなく高くなります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 性行為感染症 アナルセックス コンドーム セイフティセック

性行為感染症Q&A?11?

Q11: オーラルセックスだけでも性行為感染症に感染しますか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : オーラルセックス 性行為感染症

第122回エイズ動向委員会報告について?その3.総括?

1.検査件数が減少している中で、AIDS患者は四半期報告では過去最多の件数が報告されたことからして、今の検査体制上により検査を受けやすい体制を強化する必要性が一段と求められています。

AIDS発症以前に、不安な行為をすれば必ず検査を受けるよう、国民に周知徹底することと、検査により感染を発見できるような対策を強化する必要が求められます。


2.自治体が実施するHIV抗体検査件数・保健所等における相談件数は、2008年第4四半期をピークに減少傾向にあることは、国民がHIV/AIDSに対する関心が薄れていると考えられます。

これは、HIV感染者を早く見つけて、早期治療を行う上でのネックとなってきています。

不安な行為をしたときには、必ずHIV検査を受けるという普及啓発を推進する必要があります。

また、保健所でのHIV検査で、検査結果の通知間違いなどが発生していることから、保健所での検査の信頼性がなくなり、検査を受けない人が出てきていることも否定できませんので、間違いのない検査体制を各保健所では確立して、国民の信頼を回復する必要があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS 献血 母子感染 静注薬物

第122回エイズ動向委員会報告について?その2.感染経路・年齢等の動向?

1.新規HIV感染者


・同性間性的接触によるものが175件(全HIV感染者報告数の約67%)で、そのうち166件が日本国籍男性。

・異性間性的接触によるものが50件(全HIV感染者報告数の約19%)で、そのうち男性39件、女性11件。

・母子感染によるものが1件報告されていますが、これは2006年第2四半期以来の発生となっています。

・静注薬物によるものが2件。

・年齢別では、特に20?30 代が多い傾向が見られた。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS 第122回エイズ動向委員会報告

第122回エイズ動向委員会報告について?その1.AIDS患者が過去最多を記録!!?

2010年8月13日、第122回エイズ動向委員会報告がされましたので、3回に分けて簡単に紹介します。

調査期間は平成22年3月29日?平成22年6月27日までの約3ケ月。

・新規HIV感染者報告数は263件で、過去8位。

その内訳は、男性248件、女性15件で、男性は前回(207件)及び前年同時期(248件)より増加、女性は前回(20件)及び前年同時期(18件)より減少の傾向が見られた。


・新規AIDS患者報告数は129件で、過去1位。

その内訳は、男性125件、女性4件で、男性・女性とも前回および前々回より増加(男性前回91件、女性前回3件、男性前々回116件、女性前々回5件)となった。

HIV感染者AIDS患者を合わせた新規報告数は392件で過去3位。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 第122回エイズ動向委員会報告 HIV感染者 AIDS患者 HIV検査

HIV予防ワクチン接種の問題点?3.HIV予防ワクチンの現状について?

現在25種類以上のHIV予防ワクチンが、臨床的な治験を行っていますが、完全にHIV感染を予防する中和抗体を作り出すことが出来ていません。

その理由としては、HIVの変異が一番の理由となっています。

あるHIVに対しての予防効果があっても、変異すれば、その効果を得られることが出来ません。

HIV感染を予防するHIVワクチンの開発は、以前めどが立っていません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV予防ワクチン AIDS 抗HIV薬 中和抗体 HIVの変異

HIV予防ワクチン接種の問題点?2.偽の陽性反応出現の原因とその対策について?

ワクチン誘導性の血清反応陽性者の内、8人を除く全員がウイルスのエンベロープ部分を含むワクチンの接種を受けおり、特にgp140を含む場合ワクチン誘導性の血清反応陽性となる可能性が高くなる傾向が見られた。

この種のワクチンの接種を受けた70人は全員がワクチン誘導性の血清反応陽性と判定され、それらの94.3%は、3通りのEIAキットのすべてで陽性となった。

ワクチン誘導性の血清反応陽性と判定され、ウェスタンブロットの結果が得られた901人のうち、92人(10.2%)はウェスタンブロットでも陽性だったが、検出されたのはワクチンに含まれる抗原と反応する抗体であり、真に感染して出来たHIV抗体ではなかった。

また、592人(65.7%)は不確定な結果となり、217人(24.1%)は陰性となり、どの種類のワクチンが接種されたかによってウェスタンブロットの陽性率は異なっていた。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV抗体 HIV予防ワクチン ウェスタンブロット ワクチン誘導性の血清反応陽性 HIV

HIV予防ワクチン接種の問題点?1.偽の陽性反応出現について?

HIVワクチン接種後のHIV抗体において、HIVに感染していなくてもワクチン接種者の40%の人がHIV抗体陽性となってしまいます。

HIVワクチンは、HIVの感染を予防できる感染予防抗体(中和抗体)を身体の中に作り出すことを目的とします。

しかし、HIVワクチンの接種を受けたHIV非感染者の身体の中には、抗HIV抗体が作り出されることから、真にHIVに感染していなくても、スクリーニング法によるHIV検査で陽性判定と判定されてしまう可能性が指摘されています。

米国研究者のデータによるとは、HIVワクチンの接種を受けた人の約40%にワクチン誘導性の血清反応陽性となることが報告されています。

※ここで使用されたHIVワクチンは、治験ワクチンで、正式には製造販売されていませんので、一般の人が使用することは出来ません

ワクチン誘導性の血清反応陽性反応は、「1種類以上のEIA法で陽性となり、ウェスタンブロット検査で陰性または不確定/例外的な陽性(ワクチンに含まれている抗原に反応)で、HIV-1核酸検査では陰性」と定義されています。

検討の結果、HIVワクチン接種を受けた2176人のうち、908人(41.7%)がワクチン誘導性の血清反応陽性と判定され、ワクチン誘導性の血清反応陽性の発生率はワクチンごとに大きく異なることが指摘されています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV予防ワクチン ワクチン誘導性の血清反応陽性 抗HIV抗体

性行為感染症Q&A-10?

Q:10: 下着に赤黒い点がたくさんついていたのですが?

これは何なのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 毛ジラミ コンドーム 性行為感染症

性行為感染症Q&A?9?

Q09: 風俗店でコンドーム無しのオーラルセックスの後、ペニスに小さな水ぶくれが出来、潰れて痛いんです?

何かの性行為感染症に感染しているのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 性行為感染症 HIV 性器ヘルペス 性行為 オーラルセックス

有効な抗HIV薬を服用していればコンドームなしの性行為をしてもHIVに感染することはないのでしょうか?

HIV感染者で医師の指示の基に正しく有効な抗HIV薬を服用していれば、コンドーム無しの性行為をしても相手に感染させることはないという報告が一部の研究者から報告されていますが、これは正しいのでしょうか?

このことに関して、他の研究者は、血液中のHIVの量が10コピー/mLであったとしても、10年間にわたってコンドームなしの性行為を継続すれば、HIV感染率の上昇が起こる危険性がある報告しています。

抗HIV薬の服用による治療により血液中のHIV RNA量が40コピー/mL未満を維持して、他の性行為感染症がない感染者の場合、コンドームの使用なしでもパートナーが感染するリスクは低いことを示すエビデンスが実際に存在します。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 抗HIV薬 コンドーム

性行為感染症Q&A?8?

Q08: ペニスにできものができて、徐々に大きくなって来ているんですが ?

何かの性行為感染症に感染しているのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 性行為感染症 尖圭コンジローマ 性行為 オーラルセックス

性行為感染症Q&A?7?

Q07: ペニスの亀頭辺縁部、いわゆるカリの部分に細かいブツブツが並んで出来ているんですが ?

何かの性行為感染症でしょうか??

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 真珠様陰茎小丘疹 コンジローム 性行為感染症 ペニスの亀頭

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア
広告
↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
アフィリエイト
2016/04/22~2016/07/23
シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
2016/06/17~2016/09/17
ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
2016/07/15~2016/10/15
ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
2016/08/12~2016/11/12
格安の結婚式を札幌で探す