理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2010年02月






カスタム検索

HIV/AIDSの基礎知識?6.HIVは、どんなことで感染するのか? ?

HIVは、HIVに感染している人の血液精液(カウパー液を含む)・膣分泌液に多く含まれており、このほかに母乳にも含まれています。

HIVは通常の環境では、生命力の非常に弱いウイルスで、一般に普通の社会生活で感染者やAIDS患者と生活を一緒にしても感染することはありません。

感染する第一の原因のは、肛門性交によって感染する割合が最も高いです。

その理由は妊娠のリスクが無い為、肛門性交時にコンドームを使用せず、直腸内で射精する行為が多い為です。

腸の粘膜は一層であり非常に薄く傷つきやすいことから、ペニスの挿入により直腸内の粘膜が簡単に傷つき、その部分に射精された精液中のHIVが傷ついた毛細血管から直接血管内にはいることから、感染のリスクが非常に高くなるわけです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 血液 精液 カウパー液 膣分泌液 性行為 性交 コンドーム 肛門性交

HIV/AIDSの基礎知識?5.エイズとはどのような病気なのか??

エイズとは、Acquired Immuno Deficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群 )を略した言葉です。

その意味は  

後天性=生まれながら(先天性)でなく、生まれてから感染する病気で 
免疫=生体を病原体などから守る免疫機能が、  
不全=正常に働かなくなった結果 
症候群=いくつかの症状からなる病気


となります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズ HIV 日和見感染 後天性免疫不全症候群 コンドーム 抗HIV薬

HIV/AIDSの基礎知識?4.HIV、エイズとは何か???

エイズとは、Acquired Immuno Deficiency Syndrome(後天性免疫不全症候群 ) と呼ばれ、頭文字の『AIDS』を取って、『エイズ』と呼ばれています。

エイズを簡単に説明しますと、HIVに感染することによって(後天性)、病原体に対する、人間に本来備わっている抵抗力(免疫)が、正常に働かなく(不全)なることによって発症する様々な病気(症候群)の総称、ということになります。

つまり、HIVの感染によっておこる様々な病気をまとめてエイズというわけですから、「エイズ」という病気そのものは存在しません。

エイズは、「後天性」と言うことからして、感染予防対策によってHIVへの感染を予防することが可能です、HIVの感染を予防することにより、エイズにはならないと言うことです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズ HIV AIDS 後天性免疫不全症候群 日和見感染症 ヒト免疫不全ウイルス

HIV/AIDSの基礎知識?3.感染したHIVの増殖について?

HIVの持つ一本鎖のRNAゲノムは、逆転写酵素を使用して二本鎖のDNAに逆転写され、この形で人のヘルパーT細胞の中の染色体に組み込まれます。

HIVの二本鎖のDNAに対しては、人の体の持つ免疫抗体とキラー細胞は、全く気づくことなく、生体内にHIVが存在することすら気づくことはありません。

つまり、HIVは、侵入した人の細胞のDNAに、自分の遺伝子情報であるRNAの情報を組み入れてしまいます。

この人の細胞の中に組み入れられてしまったHIVの二本鎖DNAは、あらゆる点で人細胞のDNAに似ていることから、生体はHIVとは全く識別することが出来ません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIVの増殖 HIV抗体 HIV抗体検査 AIDS 抗体のウインドウ期 無症候性キャリアー(AC期) 日和見感染症

HIV/AIDSの基礎知識?2.HIVの増殖過程?

今日は体内に入ったHIVがどのように増殖するかを解説します。

1.HIVヘルパーT細胞の表面にくっつきます。

2.HIVヘルパーT細胞が結合して、HIVのRNAと逆転写酵素がヘルパーT細胞の中に放出されます。

3.HIVの持つ逆転写酵素によって、HIVのRNAから二本鎖のDNAがつくられます。

4.作られた二本鎖のDNAはヘルパーT細胞の核に入り込み、「わっか」になります

5.HIVのDNAがヘルパーT細胞のDNAに組み込まれます。
(組み込まれたDNAをプロウイルスと呼びます)

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV ヘルパーT細胞 プロウイルス

HIV/AIDSの基礎知識?1.HIVとは何か??

今回から数回に分けて、HIVとAIDSについての基礎的な解説をします。

賢明な皆様方にとっては、全てお解りのことと思いますが、おさらいのつもりでお読み下さい。

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)の事を言います。

HIVとは、人の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊して、最終的には後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症させるウイルスです。

ウイルス学上の分類は、エンベロープを持つプラス鎖の一本鎖RNAウイルスであるレトロウイルス科レンチウイルス属に属し、HIV-1(Human Immunodeficiency Virus type1)とHIV-2(Human Immunodeficiency Virus type2)に分類されています。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス: Human Immunodeficiency Virus)は、人の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊して、最終的には 後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症させるウイルスです。

よく「エイズウイルス」と呼ばれることがあるが、正式な名称ではなく、マスコミ用語です。

また、「HIVウイルス」と表記していることがありますが、これは完全な間違いです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV-1 HIV-2 AIDS

HIV変異と薬剤耐性HIVの関係について

HIV-1の逆転写酵素は転写精度が非常に悪く、遺伝子が突然変異を起こす頻度は複製サイクル1回ごとにおよそ3×10のマイナス5個と推定されています。

HIVは、生体内では毎日100億個前後の速度で増殖して、CD4陽性リンパ球は次々とHIVに感染して、平均2.2日で死滅していくことから、CD4陽性リンパ球の数が減少することになります。

このように変異出現頻度が極めて高いことから、全く抗HIV薬を使用しなくても偶然にある種の抗HIV薬に対して耐性を持つようなHIVが存在する可能性が出てくることがあります。

しかし一般的に薬剤耐性変異を持つHIVは薬剤耐性変異を持たない野生株HIVに比べて、宿主細胞に対する適合性が低いために、抗HIV薬が存在しない限りは生体内で優位の集団として生き残ることは困難となります。

反面、抗HIV薬存在下においてはこのような耐性変異を獲得したHIVは速やかに選択され、適合性が低いにもかかわらず優位な集団として成立して生き残っていきます。

そして抗HIV薬投与を継続することにより生存に優位な新たな変異が付加されていき、しだいに薬剤耐性レベルが高まっていく訳です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV-1 抗HIV薬 薬剤耐性HIV AIDS コンドーム

薬剤耐性HIV株の流行について

今日は、薬剤耐性HIV株について解説します。

米国やヨーロッパの先進国で、突然変異を繰り返し薬剤耐性を持ったHIVが、流行の兆しを見せているとの報告が相次いでいます。

米国カリフォルニア大学の研究チームは、サンフランシスコや他の都市で薬剤耐性HIV株が蔓延し、さらなる感染拡大が懸念されると報告しています。

この薬剤耐性HIV株の流行は、先進国に限らず、南アフリカやほかの発展途上国でもこの突然変異薬剤耐性HIV株が流行の兆しを見せていますがそれに対応できる抗HIV薬の準備が全く出来ていないのが現状です。

詳細なデータがないために発展途上国での薬剤耐性HIV株の良好の現状は分かっていません。

そのことから、薬剤耐性性HIV株が貧困国で増加すれば、世界中の公衆衛生にとって深刻かつ間近に迫った脅威となると研究グループは懸念を示していますが、現時点では、その対策は皆無です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 薬剤耐性性HIV株 AIDS 抗HIV薬

ブログ訪問の皆様への再度のお願い

当ブログでは、皆様のお役に立つHIV/AIDS及び性行為感染症の情報を発信しております。

情報は、可能な限り最新のものを発信するするよう配慮しています、また多くの方が疑問に思うことや、不安に感じることに対して、役立つ記事を合わせて発信しています。

最近ブログのコメント欄で質問される方が、多くおられますが、コメント欄で質問されても、返信・アドバイスは一切致しませんのでご了承下さい。

更に、コメント欄に当ブログを誹謗するコメントを書かれる方がおられます。

当ブログは、HIV/AIDSに関する情報を発信していますが、ブログ内の記事を信用するか、しないかは個人の裁量です、当ブログの内容が気に入らなければ、ご自身がブログを立てて、意見や考え方を発信されることです。

ブログに対するご意見は、左サイド下の「ご意見用メール」でお寄せ下さい。

また、コメント欄へ質問を記載されても、申し訳御座いませんが回答・返信は致しません。

質問は、下記に記載しました『新 医学と切手の極意』の「エイズ相談掲示板」よりお願いします。

なお、「エイズ相談掲示板」ご利用の前には、「利用規程」を良くお読みになってからご利用下さい。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : HIV/AIDS 新医学と切手の極意 電話相談 エイズ相談掲示板

HIV-2について?3.HIV-1とHIV-2の感染したときの違いはあるのか??

HIV-2に感染した時の初期症状は、HIV-1感染と同じで、HIV-2抗体が出来る時期も同じです。

AC期(無症候性キャリア期)の期間の長さは症例により色々ありますが、その期間は、6カ月から10数年程度と考えられていますが、これ以上さらに長い例があるとも考えられています。

HIVに感染してからの自然経過は、AC期の少なくとも10%が3年以内に、20?30%が5年以内に、50%が10年以内にAIDSを発症するといわれています。

続きを読む

tag : HIV-1 HIV-2 AC期 無症候性キャリア期 AIDS 初期症状 HIV抗体

HIV-2について?2.第四世代の抗原抗体検査は何故HIV-2を検出出来ないのか??

HIVの持つp24抗原という蛋白質は、HIV-1のみに存在し、HIV-2には存在しません。

感染機会から30日で検出可能な第四世代の抗原抗体検査は、HIV-1p24を検出する検査法です。

そのため、感染機会から30日での第四世代の抗原抗体検査は、HIV-1p24を見つけることからして、HIV-2にはp24がありませんので、HIV-1のみしか見つけることが出来ません。


HIV-2抗体は、第四世代の抗原抗体検査でも感染機会から12週以降でないと見つかりません

続きを読む

tag : HIV-1 HIV-2 抗原抗体検査 HIV抗体 HIV p24 コンドーム

HIV-2について?1.HIV-2とリアルタイムPCR検査について?

本日から数回に分けて、HIV-2について解説します。

HIV-2は、1985年、西アフリカにおいて発見され、従来のウイルスはHIV-1、新しいHIVはHIV-2と命名されました。

HIV-1HIV-2の基本的な遺伝子の構造はほぼ同じですが、塩基配列の相同性は低く60%ほどです。

最も大きな遺伝子の相違は、HIV-1にはvpu、HIV-2にはvpxがそれぞれに存在する事と、HIV-2の遺伝子の、gag、polのゲノムはHIV-1と高率に相同(似ている)しているので血清反応でも交叉反応を示しますが、envは50%以下の相同性しかないのでHIV-1抗体スクリーニング検査では検出できませんでした。

現実、HIV-2が発見されて、それまで使用してきたHIV抗体検査キットを調べた結果、全く検出できないことが判明して、直ぐにHIV-2が検出できるように改良された経緯があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV-1 HIV-2 HIV抗体検査 リアルタイムPCR検査 リアルタイムPCR検査バージョン2

エイズノイローゼについて?4.エイズノイローゼの克服法?

エイズノイローゼは、HIVに感染していたらどうしよう、感染していたら生きていけない等、考えているうちに、頭がおかしくなり、悩んでしまう状態を言います。

エイズは、効果的な治療法がないことから、発病すると死亡する頻度が極めて高いことから、これに対する不安は強くなって当然と思います。

特に神経質性格で心配性な人は、自分に心当たりがあると、HIVに感染したのではないかと不安になってしまうものなのです。

そして、このために、何度も何度もHIV検査を受けたり、相手にも検査を受けさせたりする傾向があります。

また、日常の生活でも知らない間に感染してしまっているのではないかと、悩み続けたり、HIV検査を受けて陰性であっても、本当は感染しているのに、自分の結果は陰性となってしまっていると思いこみ、何度も何度もHIV検査を受け続けてしまいます。


エイズノイローゼを克服するにはどうしたらいいのでしょぅか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ エイズ HIV HIV検査 HIV感染経路

エイズノイローゼについて?3.エイズ ノイローゼ の解消方法について?

エイズ ノイローゼに陥った人は非常に多くいます。

血液の鉄人も非常に多くのエイズノイローゼに陥った人の相談アドバイスをしてきています。

エイズノイローゼを解消するには、

1.HIVに対する正しい知識を身につける。

2.感染したと思われる行為が、医学的に見て本当に感染するような行為かを、冷静に分析する。

3.心配している行為からのHIV感染が実際あったかどうかを調べる。

4.検査を受ける時期が来れば、HIV検査を受けて陰性を確認する。

5.受けた時期が適切な時期であれば、HIV感染はないと言うことを認識する。

6.HIV検査が陰性であるから、幾ら体調不良があっても、それは感染が原因でなく、HIV感染はないと割り切る。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ HIV感染 HIV検査 アドバイス 相談

エイズノイローゼについて?2.エイズノイローゼの症状としては、どのようなものがあるのでしょうか??

自分が過去に、感染するような行為をして、それを思い起こし、感染しているのではないかと、思い続けて、このことが頭の中から離れることができない状況をを言います。

エイズノイローゼの症状としては、いろいろありますが代表的な症状としては、

1.発熱(37℃前後の体温を発熱と思いこむ)

2.疲労倦怠感

3.下痢

4.蕁麻疹

5.寝汗や不眠

6.食欲不振



等が現れますが、これらを感染による症状と思いこみ、一段と体調が悪くなります。

これらの体調不良は、精神的ストレスによる体調不良です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV エイズノイローゼ HIV検査

エイズノイローゼについて?1.エイズノイローゼとは??

今日から数回にわたってエイズノイローゼについて解説してみます。

電話相談やメールで特に多い相談は、リスク行為がないのに、感染がないのに感染不安がぬぐいきれない人。

検査結果が陰性であったにもかかわらず、自分はHIV感染者(エイズ)だと思い込んでいる人、などなど。

掲示板での相談でも、客観的質問を繰り返していながら、その実、自分自身の不安を何とか解消したいという悩みが隠されているケースも多いです。

以前は同じ人からの相談が、延々と続きこのままでは、いつまでたっても終わらないと言うことが良くありました。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV エイズノイローゼ

HIV感染の可能性の話について

HIVは感染力の非常に低いウイルスであるかそう簡単には感染しないから大丈夫』、

『可能性は1%くらいだから感染しない』と、囁かれていることを良く耳にします。

果たしてそうなのでしょうか?

確かにHIVそのものは、感染力は非常に弱く、生命力も弱く、感染率も低いです。

にもかかわらず、何故感染者が世界的に多いのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム 性行為 肛門性交

HIV感染に対するよく起こる誤解について

今日は、HIV感染に対するよく起こる誤解について解説します。

HIVは、感染力が非常に弱く、生命力も弱いことから、日常生活では感染しないと、よく言われますが、これは事実です。

多くの国や研究機関で調査した結果でも、一般的な日常生活での感染はないということが証明されています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 性行為 肛門性交 コンドーム 輸血 薬物注射の注射器の回し打ち 母子感染

コンド?ムとHIVについて?5.なぜ日本ではコンドームの使用率が悪いのか?

コンドームは本来避妊目的に使用されることが多いのが現実です。

そのことから、コンドームを使用しても、射精直前にコンドームを装着することが多く、このような使用法では、HIV感染の予防は出来ません。

また、コンドームの正しい使用法を普及する為の教育も十分なされていません。

コンドームを正しく装着して、正しく使用できる人はどの程度いるのでしょうか?

コンドームを単に装着するだけでは、正しい使用法とは言えません。

例えば、以下のような誤った使用法をしている人が非常に多いのが現実です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム 性行為感染症 感染予防教育

コンド?ムとHIVについて?4.なぜコンドームの着用が難しいのか??

今日は、何故コンドームの使用が難しいのかを検証してみます。

コンドームを使用しない要因は、以下のことが上げられます。

1.コンドーム無しのナマの性行為が気持ち良い、コンドームを使うと違和感があったりして、満足いく快感が得られない。

2.相手にコンドームを着用と言うと相手に嫌われるからとても言えない

3.コンドームを買うことしだて恥ずかしくて抵抗がある

4.特定の相手としか関係を持たないから感染しない

コンドームを使用しないで性行為をする場合、お互いの性編歴を把握していて、お互いセイフティセックスを心がけていれば、HIVに感染しませんが、そのようなことを実践している人は非常に少ないのではないでしょうか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム セイフティセックス 性遍歴

コンド?ムとHIVについて?3.コンドームに油性の潤滑油を何故使用してはいけないのか?!?

コンドームを装着するときや、装着後の性行為の際にコンドームに、オイルやワセリンを潤滑剤として用いると、ラテックス・コンド?ムが劣化して破れやすくなったり、HIVが透過しやすくなったりします。

ハンドロ?ションなどに含まれる鉱物油は、コンド?ムの強度を90%低下するという報告もなされています。

異性間性交の11%、男性同性愛者(バイ)の61%が、コンドーム使用時に潤滑剤を用い、その35%が油性潤滑剤であったという報告があります。


特に売春婦や男性同性愛者及び風俗店では、潤滑剤を使う頻度が高く、コンドームの破損のリスクが高くなることを十分認識しておく必要があります。

続きを読む

tag : 性行為 コンドーム HIV

コンド?ムとHIVについて?2.コンド?ムのHIV予防効果?

1992年、片方が感染者である24組のカップルが、初回の性行為から常にコンド?ムを用い、数年間感染が全く起らなかったとの報告がされています。

また、1991年には、しばしばまたは常にコンド?ムを用い(使ったり使わなかったり)、男性→女性の感染が70%抑えられた報告がされ、片方が感染者であるカップルの感染結果を用いてコンド?ムの有効率を69%と計算した報告が1993年にされています。

これらの報告の中で、コンド?ムによる感染防止が完全ではない理由として、

1.粗悪な製品を使用する、潤滑剤を使用して小さな穴が開き、そこからHIVが侵入した

2.正しく使用せずに、使用時の破損や脱落による感染

指摘されています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV コンドーム 性行為 AIDS 性行為感染症 肛門性交 セイフティセックス

コンド?ムとHIVについて?1.異性間性交による感染予防?

今日から、数回に分けてコンドームによる正しいHIV感染予防について解説します。

異性間性交によってHIVは、男性→女性、女性→男性の両方向に感染が起ります。

1993年の報告には、HIVに感染した血友病患者の女性パ?トナ?205人のうち13.2%が感染したとのことです。

また、1989年の報告では、HIVに感染した男性のパ?トナ?78人の19.2%、感染女性のパ?トナ?18人の5.5%が感染し
ていました。

更に、1988年の報告では、輸血で感染した男性のパ?トナ?55人の18%が、女性のパ?トナ?25人の8%が感染したとのことです。

上記報告においても、コンドーム無しの性行為によってHIVに感染しています。

これらの報告から、HIV感染は、男性→女性の感染が女性→男性より起りやすいことが理解できます。

異性間性交による感染のリスク・ファクタ?はAIDSの臨床症状があること、肛門性交をすること、出血を伴うような性交を行うことです。

いずれも、コンドームを正しく使用することで、HIV感染は予防可能となります。

続きを読む

tag : HIV コンドーム 異性間性交 性行為感染症 肛門性交 AIDS

カポジ肉腫とHIV

今日はHIV感染によって引き起こされるカポシ肉腫について解説してみます。


カポジ肉腫は、1872年、ハンガリーの医師モーリッツ・カポジが皮膚病変肉腫として初めて報告した皮膚ガンのひとつです。

古典的なカポジ肉腫は,イタリア系,ユダヤ系,東ヨーロッパ系の高齢男性(60歳以上)に発生することが多く、この肉腫は痛みが無くし,通常下肢の皮膚に生じる少数の病変に限局していて、内臓に出来る率は10%未満で、通常この肉腫で死亡することはありません。

このように特定の人にしかできない肉腫であることから、あまり注目されることがありませんでした。

しかし、1994年、AIDS患者から初めての発症が報告されて以来、一躍注目されるようになり、これをAIDS関連型カポジ肉腫と呼び、古典型カポジ肉腫と区別しています。

本来、カポジ肉腫は、免疫力の極度に低下したヒトの、血管内皮細胞に、ヒトヘルペスウイルス8型(HHV-8:human herpesvirus 8、別名:カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス)感染し、発がんさせることによって発症し、健康な人には発症することがありません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV カポシ肉腫 AIDS

HIV-1感染とHIV-2感染の違いとは

今日は、HIV-1感染とHIV-2感染の違いについて解説します。

HIV-2に感染して起きる初期症状は、HIV-1感染と同じです。

HIV-2感染がHIV-1感染と異なるのは、感染後の後のAC期が、HIV-1感染に比べて非常に長く進行が遅いことが特徴です。


その理由としては、体の中の細胞及び血液中のHIV-2の量が少ないからと考えられています。

なお、HIV-2感染症の治療は、基本的にHIV-1と同様です。

ただ、HIV-1逆転写酵素(RT)に特徴的な構造である疎水性ポケットがHIV-2逆転写酵素(RT)には存在しないことから、非核酸系逆転写酵素阻害剤に対して自然耐性をもっていることが多いようです。

従って、HIV-2に対するHAART(highly active anti-retroviral treatment、多剤併用療法)においては、非核酸系逆転写酵素阻害剤を避けた薬剤の組合せを用いることが推奨されています。

また、HIV-2はHIV-1に比べ母子感染率が低いと言う調査データがアフリカでの調査から得られています

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV-1 HIV-2 HAART 母子感染 逆転写酵素

肛門性交は何故危険なのか?

今日は、肛門性交が何故危険な行為かを解説してみます。

肛門は排泄を行うための器官で、性交に適した器官ではありません。

そのため、ペニスの挿入によって裂傷や擦過傷とそれによる出血、裂肛(切れ痔)、直腸脱、炎症性腸疾患までを引き起こす危険性があることと、挿入側にも様々な性行為感染症、腸内の大腸菌等の細菌による尿道炎等の尿路感染症を引き起こす危険性もあります。

肛門性交が好まれる理由としては、女性の肛門内に射精しても妊娠する危険性がないことと、肛門括約筋がペニスを締め付けることから、膣性交以上に挿入側の快感が得られることからです。

肛門性交における性行為感染症は、基本的に膣性交における性行為感染症と同じですが、、診察をした医師に肛門性交の有無をはっきり伝えないと、しばしば診断の遅れや誤診に繋がる危険性があります。

適切な治療を受けるためには、肛門性交の有無を医師に確実に伝える必要があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 肛門性交 アナルセックス HIV 性行為感染症 コンドーム

HIV感染の基礎知識?8.AIDS発症について?

HIVに感染すると、HIV抗体が血液中に作られることから、このHIV抗体HIV抗体検査で検出することは、皆さんはよく知っておられることです。

HIV抗体検査が陽性となれば、再度日にちをおいて採血して、再びHIV抗体検査を実施して、陽性と確認することと、確認試験を実施し、陽性と確認されて、初めてHIVに感染していると診断されます。

HIV感染初期の症状は、出る人と出ない人があることから、症状からの感染判断は出来ません。

HIVに感染して数年から10年をかけて、免疫機能を司るリンパ球を破壊することから、体の免疫機能が徐々に低下して、免疫機能が十分あるときには、体に悪さをしない細菌・真菌・ウイルス・原虫などが引き起こす感染症(日和見感染症)に感染するようになります。

これがAIDS発症です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV抗体 日和見感染症 HIV検査 AIDS

HIV感染の基礎知識?7.HIVに感染して発病するまで?

通常HIVに感染して、初期症状初期症状が出ない人もあります)が治まってから、体には何の変化も起こりません。

しかし、体の中では、HIVはリンパ球の中に入り込み、リンパ球を食いつぶしながら、絶えず増殖を繰り返しています。

その為、リンパ球の数が少なくなり、体の免疫機能は徐々に低下していきます。

このような状態が数年から10年程度かけて続きますが、感染した本人は感染に気づくことはありません。

この間、血液や体液の中にはHIVが存在することから、相手にHIVを感染させる危険性は十分にあります。

このように、HIVに気づくことなく、体の中では日々HIVが増殖して、体の免疫機能を破壊していくことと、本人が感染に気づくことなく、HIV感染源になることがHIV感染の非常に怖い由縁です。

体の免疫機能が低下していくことから、やがて日和見感染症などを発症することになります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 初期症状 抗HIV薬 AIDS セイフティセックス

HIV感染の基礎知識?6.HIV感染による初期症状?

HIVに感染すると約半数例に2?8週の潜伏期の後に急性単核球増多症様、あるいはインフルエンザ様と表現される急性期症状を起こしますが、全く症状が出ない人もあり、また症状が出ても気づかない人もあります。

初期症状は一般的に、数日から2週間前後続き、症状が治まれば、以後症状は出てきません。


主な初期症状としては、以下のようなものがあります。

1.38.5℃以上の発熱・・・・(96%)
2.首や腋の下及び股のリンパ節の腫れ(左右対称に腫れる)・・・・(74%)
3.咽頭炎(のどの痛み)・・・・(70%)
4.痛みや痒みのない5?10mmの大きさのバラ色の発疹が顔、 手のひらや足の裏など全身に・・・・(70%)
5.筋肉痛と関節痛・・・・(54%)
6.下痢・・・・(32%)
7.頭痛、嘔吐、吐き気・・・・(30%)
8.口の中のカンジダ・・・・(12%)
9.検査の異常 血小板の減少・・・・(45%) リンパ球の減少と肝臓機能検査の異常・・・・(21%)
10.頭痛
11.意識がもうろうとする

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 初期症状 HIV感染 HIV検査

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア
広告
↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
アフィリエイト
2016/04/22~2016/07/23
シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
2016/06/17~2016/09/17
ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
2016/07/15~2016/10/15
ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
2016/08/12~2016/11/12
格安の結婚式を札幌で探す