理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 2009年05月






カスタム検索

HIV感染による初期症状?4.リンパ腺の腫れ?

HIVに感染すると全身のリンパ腺が腫れます。

リンパ腺の腫れは、HIV感染による初期症状としておよそ74%の人に見られます。

それではリンパ腺はどこにあるのでしょうか?

リンパ腺は哺乳類に見られる組織で、首、耳の下、顎の下、腕の付け根、脇腹、股など全身にあります。

1.リンパ腺の働きは?

リンパ腺とは、別名リンパ節と呼ばれ、リンパ管にある器官で、大きさは小豆大から、大きなものでは、大豆大の大きさをしています。

それぞれが網状に結合していて、中にはリンパ球やマクロファージがたくさん入っています。

リンパ球とは、白血球の一種で骨髄で作られ、外部から体内に侵入した異物や細菌、ウイルスを無毒化する働きをしています。

また、マクロファージとは細菌や異物を食べて無毒化する働きをする大型細胞です。

リンパ腺あるいはリンパ節は、その中リンパ球・マクロファージが多く存在して、人間にとって害のある病原菌や毒素、異物などを捕食したり、それらに関する情報をやり取りしたりして、体の防御機能に大きく関わっている場所です。

例えば、喉に細菌やウイルスが感染して炎症が起これば、首の下のリンパ腺が腫れますが、これは、喉に感染した細菌やウイルスとリンパ球などが戦っていることから腫れるわけです。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染による初期症状?3.発疹?

今日は、HIV感染の時の初期症状として出る発疹について解説します。

発疹の状態としては、

1.高熱と共に出る

2.全身に出て、身体の一部だけに出ることはない

3.バラ色の発疹

4.痛みや痒みのない5?10mmの大きさのバラ色の発疹

5.発疹自身が盛り上がることなく、皮膚と同じ平坦な状態

6.数日から1週間程度で消失して以後出ることはない。

7.出たり消えたりはしない。


蕁麻疹と発疹は似たような物ですが、根本的な違いとしては、蕁麻疹は、数時間か長くても24時間で消失しますが、HIV感染による発疹は数時間?24時間では消失しません。

それでは、発疹と蕁麻疹の種類としてはどのような物があるのでしょうか

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

HIV感染による初期症状?2.発熱?

昨日の続きで今日は、HIV感染の時の初期症状の発熱について解説します。

HIVに感染すると、2?8週後に、発熱が症状として出ます。

初期症状の発熱の症状は、90%の人に出ます。

それほどHIV感染による初期症状の中で発熱は代表的な症状です。

典型的な発熱症状としては、インフルエンザに感染したときのように39℃を超える熱が出ることがあります。

例えば、体温を測って36℃代で、夕方から夜にかけて再度体温を測って37℃前後であっても、これは、感染による発熱とは言いません。

体温は朝低く、夕方から夜にかけて高くなるのが普通です。

初期症状の発熱は、何時計っても38℃前後有り、その後急激に39℃から40℃前後に体温が上昇します。

そして、発熱と共に、全身に痛みも痒みもない発疹が出来、リンパ腺が腫れてきます。

HIV感染による発熱は、インフルエンザに感染したときに、高熱と共に、全身のリンパ腺が腫れ、喉が痛くなり、身体の関節が痛くなりますが、これと同じ症状が出ます。

この発熱とこれらの症状は、インフルエンザや重い風邪の時にも起こりますから、これらの症状からHIVの感染の判断は出来ません。

この時期風邪薬を服用すると、症状が治まりますが、薬が効いたのか、自然に症状が治まったかの判断は出来ません。

従って、不安な行為の後、発熱してもHIV感染による発熱か、その他インフルエンザ、風邪あるいは他の病気によるものかの判断は出来ません。

HIV感染の判断は、適切な時期に、適切なHIV検査を受けないと出来ません。

発熱での感染の判断は出来ないことをご理解下さい。

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染による初期症状?1.初期症状の出る時期は??

HIV感染による初期症状についての質問が多く寄せられていますので、数回にわたってHIVに感染したときの初期症状について解説します。

1回目は、初期症状の出る時期についてです。

HIVに感染して出る初期症状は、体内に侵入したHIVを排除するための身体の免疫反応の一種です。

1.全く初期症状の出ない人もあります。

2.初期症状が出ても気づかない人もいます。

3.一般的には、50?80%の人に出るとされています。

4.初期症状の出る時期は、HIVに感染してから2?8週間程度で何らかの症状が出ます。

・感染して2週間で出る人もあります。

・4週間して出る人もありますし、8週間して出る人もあります。

・出る時期は人によってまちまちです。

5.出た初期症状は、数日から2週間前後で自然に消滅します。

この消える時期も人によって異なります。

以上のことからして、HIVの感染は症状では判断できません。

ご理解頂けましたでしょうか?

明日に続く


テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

HIV検査を受ける時期を厳守しなければならない理由とは??

HIV検査を受ける時期について、多くの人から質問を受けるので、今日は、検査を受ける時期が何故大切かを再度解説してみます。

1.HIV抗体検査(HIV-1とHIV-2抗体)について

HIVが身体の中に侵入して、身体の免疫機能が負けますと、HIVの感染が成立します。

HIVの感染が成立しますと、感染抗体としてHIV抗体が身体の中に出来ます。

HIV抗体検査はこの感染抗体を見つけることを目的としています。

HIVに感染して身体の中にHIV抗体が出来る時期は、2?6週とされていますが、この出来る時期はそれぞれの人によって異なります。

また、抗体が出来ていても、検査で見つかる量でないと偽陰性となってしまいます。

そのことから、全ての人が感染して抗体の出来る時期、即ち検査で見落とさない時期12週に受けることが重要です。

例えば、感染して6週で検査を受けて、検査で見つかる量の抗体が出来ていれば、当然陽性となりますが、抗体が出来ていても、検査で見つかる量の抗体が出来ていないと、実際感染しているのに、陰性(偽陽性反応)となってしまいます。

感染するような不安な行為をして、早く検査を受けて結果を知りたい気持ちはよく理解できますが、検査の信頼性の得られない時期に検査を受けることは全く意味がないことをよく理解して下さい。

それでは、12週までに検査を受けて信頼できる結果を得るのにはどうすればよいのでしょうか??

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

手での行為(手コキ)からHIVの感染はあるのか?

よく風俗店で手での行為(手コキ)を受けてHIV感染を心配する質問がありますから、今日はこのことについて解説してみます。

1.相手の唾液を手にとって手での行為(手コキ)をされた場合。

唾液の中には、感染するほどのHIVは存在しないことから、HIVに感染することはありません。

また、唾液の中に微量の血液が混ざっていても感染は考えられません。

一目見て唾液に血液が混ざっているような場合は、感染のリスクはあります。

2.相手の膣分泌液を手に着けて、手での行為(手コキ)をされた場合。

ペニス全体が膣分泌液で覆われるような状態でない限り、感染力の非常に弱いHIVの感染はありません。

現実、手の中から溢れるような多量の膣分泌液で行為をすることはあり得ないはずです。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

日常生活で知らない間にHIVに感染することはあるのか??

『日常生活で知らない間にHIVに感染していると言うことがあるのか?』と言う質問をよく受けますので、今日はこのことについて解説してみます。

日常生活、即ち職場や外出先などの生活空間で、知らない間にHIVに感染してしまっていたと言うことは、絶対にあり得ません。

その理由は以下の通りです。

1.HIVは性行為(肛門性交)・輸血・薬物注射・母子感染以外感染経路ありません。

2.HIVはインフルエンザのように、空気感染・飛沫感染をしません。

3.単にHIVに接触することから感染することもありません。

4.食べ物からの感染もありません。


このことからして、HIVの感染は、現時点では、コンドーム無しの性行為及び肛門性交と薬物注射による注射器の使い回ししか感染経路はないと言っても過言ではありません。

輸血による感染は、検査が充実したことから、感染の確率は1000万分の1以下と言われています。

母子感染は、妊娠時のHIV検査によって予防されていて、まず起こりえません。




続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

HIV感染報告で、「感染経路不明」とあるのはどういう事なのか??

厚生労働省が定期的に発表するHIV感染者報告の中で、感染経路の分類で、「感染経路不明」と言う分類がありますが、このことについて質問が多く寄せられますので、解説します。

HIV感染が判明すると、感染者に直接感染経路の聞き取り調査が行われます。

聞き取り調査によってどのような行為から感染したかを分類するわけです。

例えば、

1.コンドーム無しの性行為をしいてた→異性間性交

2.男性同性愛者でコンドーム無しの肛門性交をしていた→同性間感染

3.オーラルセックスとコンドーム無しの性行為→異性間性交


オーラルセックスでの感染のリスクはほとんど無いことからして、感染原因は異性間性交と分類されます。

4.薬物注射による注射器の使い回し→薬物使用

5.コンドーム無しの異性間及び同性間性行為をしていた→感染経路不明

6.感染する原因が本人の聞き取り調査から特定できない場合→感染経路不明


多くの種類の行為をしていて、聞き取り調査から感染原因が特定できない場合

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

交差耐性HIVとは何??

HIVがある一つの抗HIV薬に耐性を持って効かなくなることは、一つの薬だけではなくて、他の同じ種類の薬にも耐性を持つて効かなくなることです。

つまり複数の薬に効かなくなるということで、これを交差耐性と呼びます。

交差耐性の問題は、特にプロテアーゼ阻害薬で重要です。

一つのプロテアーゼ阻害薬に耐性を持つようになると、他のプロテアーゼ阻害薬でも効果が低くなってしまうことがよくあります。

一つのプロテアーゼ阻害薬に耐性となれば、現在日本で使用可能なプロテアーゼ阻害薬は、8種類ありますが、その全てに効かなくなる可能性が高くなり、次ぎに使用するプロテアーゼ阻害薬が無くなることになります。

中途半端な服用で耐性HIVを作ってしまうと、このHIVが交差耐性HIVとなり、もはや他のプロテアーゼ阻害薬に切り替えても効果が低くなる可能性があるため、服薬には十分注意が必要なのです。

どのような種類の抗HIV薬も、正しく決められた量を日々服用しないと、耐性HIVを作り、その耐性HIVが交差耐性HIVとなってしまうと、抗HIV薬の選択肢が狭まり、最終的には、エイズを発症することになってしまいます。

ご理解いだけましたでしょうか??

ランキング投票にご協力下さい。
      ↓


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓
人気ブログランキングへ









テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

HIV感染早期に治療を開始すればエイズ発症を防げる???!!!

新型インフルエンザに関してはひとまずお休みにして、再びHIV/AIDSの解説を再開します。

新型インフルエンザに関しては、新しいことが解り次第お知らせ致します。

今日は、HIV感染早期の治療に関しての解説です。

HIVに感染しますと、感染急性期には、HIVの急激な増殖に刺激されてCD4は増加します。

その後のHIVの増殖と、CD4によるHIV増殖阻止が起こります。

急性期には、発熱、咽頭炎、全身倦怠感、関節痛、左右対称のリンパ腺の腫れ等のいわゆる初期症状が起こります。

そして、HIVの増殖が加速し、CD4が200未満に減少すれば、早期にエイズ発症となることがあります。

次ぎに急性期が過ぎると無症候期に入り、CD4が増加してHIVの増殖をある程度押さえ込みます。

即ち平衡状態を保つようになり、これをウイルス学的に「セットポイント」と表現します。

この時期には、一見してCD4の数やHIV量は変化がないように見えますが、実際には身体の中では、一晩で10の8乗個のHIVが増殖を繰り返しています。

そして、ある時期を過ぎるとCD4の数が急激に減少して、HIVが更に増加し、エイズの発症に至ります。

要するに、HIVに感染して、治療をしないで放置していると、エイズ発症に突き進むようになりますが、HIVとCD4が平衡状態の時から逆転に転じる時期に、治療を開始すればCD4を増加させて、HIVの増殖を抑えることとなり、エイズの発症を防ぐことが可能となります。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

新型インフルエンザの基礎知識について

今日は、新型インフルエンザの基礎知識について簡潔に紹介します。

1.新型インフルエンザウイルスとは、ブタ、鳥のインフルエンザウイルスが、人の体内で増殖出来るように変化して、人から人へ感染するようになったもので、このウイルスが感染して起こる疾患が新型インフルエンザです。

2.新型インフルエンザは、何時どのようにして出現するのかを予測することは出来ません。
人類にとって未知のウイルスであり、このウイルスに対する免疫がないことから、簡単に人から人へ感染が拡大して、急速な世界的流行(パンデミック)を引き起こす危険性があります。

3.過去に世界的流行(パンデミック)を引き起こした例としては、

?1919?1919年にかけて世界的に流行したスペイン(インフルエンザA型インフルエンザウイルス(H1N1亜型)

この流行では、全世界の人口の25?30%が感染し、4000万人以上が死亡したと推計されています。
この時日本でも2300万人が感染して、39万人以上が死亡しています。

?1968年?1969年にかけて流行した香港かぜ(H3N2)

H3N2とH2N2の抗原不連続変異が新型ウィルスとして一連の流布を引き起こしたものです。

全世界では、おおよそ50万人が亡くなったと推計され、アメリカでも500万人の感染者が出て、33000人が死亡しています。

このような過去の記録から、現時点で新型インフルエンザが大流行すれば、医療機関は大勢の患者で混乱し、国民生活や社会機能が完全にマヒすると危惧されています。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 新型インフルエンザ

インフルエンザウイルスの変異は何故起こるのか?

昨日の続きとして、今日はインフルエンザウイルスの変異について解説してみます。

インフルエンザウイルスの遺伝子はRNAです。

遺伝情報はアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、ウラシル(U)の4種の塩基の組み合わせで構成されています。

インフルエンザウイルスの変異のパターンは四つに分類されます。

1.塩基の置き換わりによる変異

インフルエンザウイルスが生き延びるには、感染した宿主細胞内でRNAを複製する必要があります。

その複製コピーの際にエラーが頻回に起きます。

例えば、GがAになったり、CがUになるなど、一部の塩基が正確に複製されず、他の塩基に置き換わってしまう事を、「塩基置換突然変異」と呼びます。

インフルエンザウイルスには、複製コピーの際に起こったコピーの失敗をこれを修復する機能がないことから、「塩基置換突然変異」が頻回に起きることになります。

2.遺伝子再集合による変異

インフルエンザウイルスの遺伝子が8本の分節に分かれています。

生体に異なる株のインフルエンザウイルスが感染し、生体内の同一細胞に違う種類のインフルエンザウイルスが同時に感染すると、増殖の際にウイルスの遺伝子が分節単位で組み換わってしまうことがあります。

過去のインフルエンザ・パンデミック(世界的大流行)だったアジア風邪(1957年)や香港風邪(68年)、そして今回の新型インフルエンザもこの遺伝子再集合による変異で生まれた「新型」とされています。

3.塩基の突然挿入による変異

複製コピーの際、それまで存在しなかった塩基が突然挿入されたり、逆に存在していた塩基がいきなり欠失したりして起こる変異。

4.遺伝子の組み換えによる変異

二つの異なる遺伝子が一部を組み換えることで、新しいものが生じる変異。

これら四つの変異が複雑に組み合わさって、インフルエンザウイルスは次々と変異していくわけです。

インフルエンザウイルスは次々と変異を繰り返し、型を変えていきますが、HIVは何千種にもインフルエンザウイルスより変異しやすい特徴を持っています。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV 新型インフルエンザ

新型インフルエンザとは何か??

現在大阪、神戸を中心に新型インフルエンザが流行していますので、数回にわたり新型インフルエンザについて解説してみます。

第一回目として、「新型インフルエンザとは何か」について簡潔明瞭に解説してみます。

人から人に感染する新型インフルエンザが大阪、神戸を中心に発生し、感染者が確認されました。

今回の新型インフルエンザは、人と鳥、豚2種の計4種のインフルエンザウイルスが10年かけて混合し、生まれたと考えられています。

このようなインフルエンザウイルスの変異はなぜ、どのような仕組みで起こるのでしょうか??

ウイルスは細菌、真菌(カビ)などの核を持つ微生物と違い細胞がなく、宿主の生きた細胞の中でしか増殖できない特徴を持っています。

基本的にインフルエンザウイルスは、デオキシリボ核酸(DNA)またはリボ核酸(RNA)の遺伝子と、それを包むたんぱく質の殻から構成される単純な構造を持っています。

インフルエンザウイルスは、増殖の時に宿主の生物に病気を引き起こしますが、それは単純な自己複製の繰り返しではなく、時々、変化しながら増えていく性質を持っています。

この変化を「変異」と呼びます。

今回流行している新型インフルエンザのように変異の度合いが大きいと、それにより引き起こされる病気の症状や感染のしやすさが大きく変わることが知られています。

それでは何故インフルエンザウイルスは変異を繰り返すのでしょうか??

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : 新型インフルエンザ

エイズ発症と血液中のHIVの量とCD4の関係について

今日は、HIVに感染してエイズ発症に至までの、体内のHIVの量と白血球のCD4の関係について解説してみます。

体内のCD4はウイルスに対する防御能力の指標です。


血液1μLあたりの実数として示されます。

当然数値が高い方が良いわけです。

一方、HIVの量はHIVが身体を攻撃する指標で、血液1mLあたりのHIVコピー数として示されます。

血液中のHIVの量が多いほど発病にいたる迄の期間が短くなります。

このCD4の数とHIVコピー数を見ることによって、免疫学的にHIV感染症の症期を把握することが出来ます。

通常健康な人は、CD4が800個/μL以上ありますが、HIV感染によってCD4が減少すれば、以下の感染症に感染しやすくなります。


500個以下・・・結核、カポジ肉腫、帯状疱疹

400個以下・・・口腔カンジダ症

200個以下・・・食道カンジダ症

100個以下・・・ほとんどの日和見感染症

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

第四世代の抗原抗体検査はどの程度採用されているのか??

第四世代の抗原抗体検査を医療機関、保健所、検査専門の会社では、どの程度採用されているのかを解説してみます。

まず第四世代の抗原抗体検査とは何かと言う事をおさらいしてみます。

第三世代の抗体検査は、HIV-1/-2の抗体を見つける検査ですが、第四世代の抗原抗体検査は、HIV-1/-2の抗体を見つける事と、HIV-1の身体の一部であるp24抗原を見つける検査です。

第四世代の抗原抗体検査は、日本で数社から販売されています。

この検査の採用状況は、

1.大病院

半数以上の施設で採用されているようです。

2.民間の検査専門の会社

大手は全て採用されていますが、中小の検査専門の会社でもどこかの大手検査会社と提携あるいはグループに入っていれば、採用されています。

3.医師会の検査センター

残念ながら把握できていません。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

HIV感染による初期症状について?補足?!!

HIV感染による初期症状の質問が多いことから、再度初期症状について解説します。

HIV感染による初期症状は、感染して2?8週前後(平均4週前後)で出現しますが、人によって出現する時期は異なります。

また、症状が全く現れない人もいますし、症状が出ても気づかない人もいます。

初期症状は、HIVが体内で急激に増えるために、体の免疫反応の一部として起こる一時的な反応です。

典型的な症状としては、インフルエンザに感染したときと同じ様な症状が出ます。

代表的な症状は、

1.発熱(96%)で、39度を超えることが多いです。

2.リンパ節の腫脹(74%)で、左右対称に発現します

3.咽頭炎・発疹(共に70%)

4.バラ色で痛みも痒みもない5?10mmの大きさの発疹(70%)が顔面・身体・手掌・足底など全身に出現します。

5.筋肉痛・関節痛(54%)

6.下痢・頭痛(32%)

7.悪心・嘔吐(30%)

8.肝脾腫(14%)

9.口腔カンジダ症・神経症状(12%)など

10.神経症状として、末梢神経障害、顔面神経麻痺、上腕神経炎、認知障害など


これらの症状は、早くて数日で消えますが、そのほとんどが1?2週間で自然消失しますが、リンパ節の腫れと頭痛はこの時期を越えても続くことがあります。

さらに、リンパ節の腫れは約1/3の人で、次の病期へと持ち越されることもあります。

頭痛も間欠的、または慢性化して持続することが少なくありません。

この頭痛の原因は、HIVが脳膜へ感染したために起こると考えられています。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

キスでのHIV感染は本当にないのか??

キスでHIVが感染しないかという質問を良く受けますので、再度キスでHIV感染が何故起こらないかの解説をします。

唾液は唾液腺を通じて口の中に分泌されます。

HIVは唾液腺から口の中に出てくることが出来ません。

仮に唾液中に出てきたとしても非常に微量であるために感染することはありません。

唾液の中に出てくるのはHIVに感染したときに体の中に出来るHIV抗体です。

このHIV抗体からは、HIVに感染することはありません。

従ってHIV感染者とディープキスをしても、唾液の中には感染するほどのHIVがいないことから、HIVに感染することはありません。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

包茎はHIVに感染しやすいというのは本当なのか???最終回?

今日は、包茎はHIVに感染しやすいというのは本当なのか??の最終回です。

国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界保健機関(WHO)の合同専門家会議は、2007年3月28日、包茎手術がHIV感染を減少させる効果があるとして、包茎手術をエイズ予防策の一つとして正式に認定しています。

専門家会議は、包茎手術でHIVが感染しやすい細胞が多い包皮を除去することによってHIV感染率を減少させることができると報告しています。

しかし、包茎手術だけではHIV感染率を下げることは出来ないことから、コンドームがHIV感染予防において重要であることに変わりが無いとも報告しています。

ユダヤ教などの男の子に行う割礼は、ウイルス感染防止効果があると長年言われてきましたが、この効果を証明したのが2006年12月に発表された米国立衛生研究所(NIH)の包茎手術によってHIV感染率が半減したという研究報告です。

この研究結果を参考にして、合同専門家会議がHIV感染予防策としての包茎手術導入を検討してきた経緯があります。

NIHがケニアとウガンダで実施した研究では、割礼をしたグループと割礼を2年遅らせたグループでは、割礼をした人のHIV感染率が低く、遅らせた人があまりにも多くHIVに感染するという結果が得られたことから、研究者達が倫理的な問題もあるとして研究を途中で中止してしまったというエピソードがもあることにも注目する必要があります。

包茎手術の有効性が認定されたことから、HIVの感染予防手段がこれまでのコンドーム使用に包茎手術が加わることになるが、これをどのように実施するかはこれからの課題です。

もう一つ、アフリカ等での包茎でのHIV感染のリスクが高くなるのは、包茎だけが問題ではなく、コンドームを正しく使用していないことにも原因があることを忘れてはなりません。

では、なぜ包皮を切除するとHIVに感染しにくくなるのでしょうか? 



続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

包茎はHIVに感染しやすいというのは本当なのか???その3?

アフリカでの調査結果では、包茎手術をすれば明らかにHIVの感染率が低下するという報告がありますが、これは真実でしょうか?

今日はこの点について解説します。

この調査結果は、まんざら眉唾とは言えません。

包茎とHIV感染リスクの議論は、1994年の国際会議の時にカナダの研究グループによってアフリカのデータが発表されました。

その内容は、

・包皮部分にHIV-1が感染する標的の細胞(樹状細胞)が多い

・包皮部分にHIV-1が感染する感染受容細胞の数が多い

ことから感染確率が高くなると言うものでした。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

包茎はHIVに感染しやすいというのは本当なのか???その2?

今日は昨日の続きで、包茎の人は性行為感染症に感染しやすいという事を、よく耳にしますのでこの事について解説してみます。

世間一般に「包茎は不潔だ」、「包茎は臭い」と言われますが、これは、はたして本当なのでしょうか?

言われるように、ペニスを洗わずにおくと白っぽい「恥垢(チコウ)」がたまります。

これは包皮や亀頭部のアカで、チーズに似た匂い臭いがします。

洗わずに放置しておくと、この「恥垢(チコウ)」によって亀頭包皮炎になる可能性があります。

包茎でも、お風呂に入ったときなどに、包皮をムイて丁寧に溜まった「恥垢(チコウ)」を洗い流し、常に清潔にしておけば、包茎でも何の問題もありません。

お風呂に入ったときに、しっかりと包皮をムイて良く洗い流し、恥垢(チコウ)をためないように清潔にしておけば亀頭包皮炎になることはありません。

次に、包茎の人は性行為感染症に感染しやすいって本当なのでしょうか????

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

包茎はHIVに感染しやすいというのは本当なのか???その1?

一般的に包茎はHIVに感染しやすいので、割礼することによってHIV感染のリスクを低下させられるというニュースを見ますが、これは真実かどうか検証してみます。

本題に入る前に、今日は、第一回目として、包茎について解説してみます。

包茎には、二種類があります。

1.真性包茎

亀頭を覆っている包皮をずらしても亀頭がまったく見えない状態の包茎のことを言います。

包皮口が狭いだけでなく亀頭と包皮が癒着している場合もあり、無理に剥がしたりすると出血する可能性があります。

当然勃起しても亀頭が包皮に包まれた状態です。

ムケないので亀頭の周りをうまく洗えず不潔になりやすく、雑菌で炎症を起こす確率が高くなります。

性行為がうまく行えない場合があります。

日々自分で包皮をムイて亀頭を露出する訓練をすれば、仮性包茎にすることが可能です。

ただし、無理をし過ぎないことです。

どうしても包皮がムケない場合は、専門医に相談されることです。

真性包茎即手術というのは間違いです。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

理髪店・美容院での染髪の際にHIV感染はあるのか?

今日は、「理髪店・美容院での染髪の際にHIV感染は起こらないか?」という質問を良く受けるので、このことについて解説してみます。

理容師・美容師は、職業柄手が荒れて、指のひび割れなどを起こして、その場所から出血していることが多く、この手や指の出血からの感染を心配する人が多くいます。

例えば、手荒れで指などから洗髪の際やヘヤーカット、ひげ剃りの際にHIVに感染しないかと言うことです。

1.洗髪の場合

髪を水洗いしてシャンプーをつけて洗髪しますが、手荒れで指などから出血していても、血液の量は微量であることと、シャンプーや水で血液が薄められること等からHIVの感染は起こりません。

またシャンプーなどで薄められた血液は水で洗い流されますから、感染は起こりえません。

2.ヘヤーカットの場合

これも血液が微量で、健康な頭皮などについても感染することはありません。

仮に頭皮に傷があっても、微量の血液がつく程度では感染は起こりません。


3.ひげ剃りの場合

微量の血液が皮膚についても、健康な皮膚からの感染は起こりません。

仮に皮膚に傷があっても、微量の血液がつく程度では感染は起こりません。


以前にも解説しましたように、理髪店・美容院でのHIVの感染はありませんので、気にしすぎないことです。

HIVの感染力は非常に弱く、日常性かつての中のひとつの理髪店・美容院での染髪でのHIVの感染はありませんし、感染したという報告も一切ありません。

ご理解頂けましたでしょうか??

ランキング投票にご協力下さい。
      ↓


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓






テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染予防について

HIVの感染予防の基本は、以下の三つの主な感染経路に注意することです。

?.血液による感染

1.汚染血液からの感染

薬物乱用者との薬物の注射器の回し打ち(ニードル・シェアリング)を行わないこと。

注射器の使い回しにより、先に使った人がHIV感染者であれば、次ぎに使用した人は非常に高い確率でHIVに感染します。


2.血液製剤による輸血からの感染

献血された血液からのHIV感染を回避するには、検査目的の献血を無くする必要があります。

検査目的で献血が行われることのないような24時間無料・匿名でHIV検査が受けられる体制作りと、専門家による相談窓口の開設が必要となりますが、検査を24時間いつでも受けられる体制は未だ不十分です。

検査をいつでも手軽に受けられる体制を作れば、検査目的の献血は少なくなるはずです。

HIV検査は、日赤血液センターにおいては、HIV抗体検査(化学発光酵素免疫法:CLEIA法)とNAT検査が行なわれています。

HIV感染が確認された血液は全て焼却され、輸血には使用されません。

献血された血液のHIV感染陽性件数は、2008年時点で10万件当たり2.107件(107件/5,077,238件)となっており、少しずつですが毎年増加傾向にあります。

幾ら優秀な検査を採用しても、不安な行為をして、感染した人がウインドウピリオドで献血をすれば、感染を見つけることは不可能です。


そのことからして、検査目的の献血は絶対にしてはいけません。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染による臨床症状とその経過について?3.エイズ発症期?

今日は最終回です。

HIV薬による適切な治療が行なわれないと、体の中ではHIVの増殖を抑制できなくなり、免疫を司るヘルパーT細胞の破壊がどんどん進みます。

ヘルパーT 細胞の減少に伴い、感染者の免疫力が低下することから、

原虫の感染によるニューモシスチス肺炎などの日和見感染症を発症しやすくなります。

さらにサイトメガロウイルス感染症

非定型抗酸菌症(結核)

中枢神経系の悪性リンパ腫など

を発症する頻度が高くなります。

また、食欲低下、激しい下痢下痢、低栄養状態、衰弱などが著明となり、極端な体重減少を起こし、エイズを発症することになります。

未治療の場合は、発症すると2?3年で死亡するデータが多くあります。

このような状態にならないためにも、不安な行為があれば、出来るだけ早い時期にHIV検査を受けることが大切です。

ただし、早く検査を受ける場合でも、検査で信頼できる結果が得られる時期に受けないと何の意味もありません。

検査を早く受けて、仮に感染が解れば、抗HIV薬を服用して、HIVの増殖を抑えることが出来れば、エイズの発症を防止することが可能で、普通の人と同じ社会生活が可能となります。

HIVに感染して、可能な限り早く抗HIV薬を服用すればするほど、発症を押さえ込めることが出来るようになっています。

現時点では、HIVを直接殺す治療薬と予防ワクチンはありません、このことからして、HIV感染を予防することしか、対策はありません。


ご理解頂けましたでしょうか??

ランキング投票にご協力下さい。
      ↓


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

ランキング投票にご協力下さい。
      ↓




テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染による臨床症状とその経過について?2.無症候期?中期?

HIV感染による臨床症状とその経過について

昨日の続きです。

感染後6?8週で血中にHIV抗体が出来ると、ピークに達していた血液中のHIVの量は6?8カ月後にある一定のレベル(セットポイント)まで減少し、その後数年?10年間ほどの無症候期に入ります。

多くの人ですっかり症状が消失してしまうことが多く、一部の人に先に述べた、リンパ節の腫脹や頭痛が続くこともあります。

この期間の長さはそれぞれ個人の持つ免疫力や、体質的な問題が関係しているとされていますが、はっきりとしたことは解っていません。

この時期は、HIVに感染していても、ほとんど症状らしき症状は出ませんが、血液中にはHIVが存在して、相手に感染させる状態です。

HIV検査を受けて陽性と判定されない限り、自分自身はHIVに感染していることに気づくことはありません。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染による臨床症状とその経過について?1.急性初期感染期?

HIVに感染するとどのような症状が現れるか??」との質問が多く寄せられることから、今日から3日間に渡って、HIV感染による症状について解説してみます。

HIVに感染すると臨床経過は、

1.急性初期感染期

2.無症候期?中期

3.エイズ発症期


の3期に大きく分類されます。

1.急性初期感染期

HIVに感染すると、2?3週間後にいわゆる「初期症状」が現れます。


この時期の症状としては、

発熱
咽頭痛
筋肉痛
発疹
リンパ節腫脹
頭痛


などのインフルエンザあるいは伝染性単核症様の症状が出現します。

症状は全く無自覚の程度(全く症状のでない)から、厳しい頭痛・嘔吐など無菌性髄膜炎に至るほどの強いものまで、その程度は様々で個人個人異なります。

初期症状は数日から数週間程度続き(個人差がありそれぞれ異なります)、多くの場合自然に軽快します。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIV感染パターンについて

今日はHIVの感染パターンについて解説してみます。

HIVの感染パターンは、大きく以下のように分類されます。

1.血管の中に直接HIVが入って感染する

・輸血
・薬物注射の注射器の共用
・注射器の針刺し事故
・コンドーム無しの肛門性交で、直腸粘膜下の毛細血管からの感染

このパターンが、血液中に直接HIVが侵入することからして一番感染リスクが高い。

2.性器粘膜からの感染

・コンドーム無しの性行為で、膣分泌液・精液・カウパー液からの感染

HIVは性器粘膜から感染する特性を持つことからして、現在ではこのバーンでの感染者が一番多い。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

リアルタイムPCR検査やNAT検査の偽陽性反応について

NAT検査やリアルタイムPCR検査での偽陽性反応について解説してみます。

これらの検査は、HIVの遺伝子の一部の核酸を化学的に増殖させて、血液中にHIVが存在するかを調べる検査です。

このことは皆さん方はよくご存知のことです。

このように、HIVの遺伝子の一部の核酸を化学的に増殖させて、検査を実施するときに注意をしなければならないことは、検査システムの中に、間違って細菌やその他のウイルスが混入することを防ぐ必要があります。

なぜなら、混入したHIV以外の細菌やウイルスの遺伝子の一部の核酸をHIVの核酸と誤って判定するからです。

本来血液中にHIVが存在しないのに、検査の過程で、検査システムの中にHIV以外の細菌やウイルスが混入すると偽陽性反応が起こります。

このように検査システムの中へのHIV以外の細菌やウイルスの混入は、空気中からも混入します。

これらの混入を防止する意味すら、検査を実施する部屋は、空気中の細菌やウイルスの混入を防止するシールドされた部屋で実施します。

また、技術力の未熟な者が検査を実施すれば当然、検査中に混入が起こり偽陽性反応が起こります。

偽陽性反応の防止の観点から、熟練した者が、検査の環境が整えられた部屋で、検査は全自動で実施されることから、偽陽性反応は非常に低い確率でしか発生しません。

ご理解頂けましたでしょうか??

ランキング投票にご協力下さい。
      ↓


ランキング投票にご協力下さい。
      ↓
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

ランキング投票にご協力下さい。
      ↓

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

理容店でのHIV感染はあるのか?

散髪の際のひげ剃り・ヘヤーカット等の際に、カミソリ、ハサミ、クシなどからHIVに感染しないかという質問をよく受けますので、今日はこの点について解説してしてみます。

理容店で使用する器具の消毒方法で、今一番気をつけなければならないのは、HBV、HIV、HCVによる感染に対してです。

特に感染すると的確な治療法のないHIV感染に対しては、客も神経質になっていることからして、HIVに対する十分な知識を持ち、確実かつ効果的な消毒法が求められています。

不適切な消毒を行い、理容店でのHIV感染が報告されれば、深刻な社会的不安を招き、理容店に対する信頼性を失墜させ、大きな損失をもたらすことになります。

そのことからして、理容店での消毒方法は、感染力が最も強いHBVを基に、医療機関に準じた消毒対策が取られています。

それではどのような方法で消毒されているのでしょうか?

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 HIV AIDS

HIVの変異について

RNAウイルスであるHIVは変異速度が非常に速いウイルスです。

HIVは感染者の体内で1日に10億?1兆個もの増殖複製をしますが、増殖した子孫のHIVうち約30%は遺伝子変異を組み込んでいます。

これは、核を持つ細胞生物(細菌など)やDNAウイルスの100万倍以上のスピードとなるとされています。

HIVの変異がこれほど速い理由は、

1.DNAと異なりRNAは1本鎖であるため、修復機能が働かないために起こる変異

HIVのゲノムサイズは約1万塩基対あり、1回の複製につきそのうちのおよそ2.5?6箇所で塩基置換のエラーがあります。

即ち、増殖の過程で遺伝子の複製エラーが発生して変異しやすくなります。

続きを読む

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

tag : エイズ予防 AIDS HIV

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア
広告
↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
アフィリエイト
2016/04/22~2016/07/23
シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
2016/06/17~2016/09/17
ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
2016/07/15~2016/10/15
ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
2016/08/12~2016/11/12
格安の結婚式を札幌で探す