理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 免疫再構築症候群






カスタム検索

免疫再構築症候群とは-2.その対応-

抗HIV治療により急激に体内のHIV量が減少することにより、それまで免疫不全に陥っていたマクロファージ、単球、ナチュラルキラー細胞などの機能が回復し、CD4の数が増加することにより、免疫機能が改善され体内に存在していた日和見感染症の病原体に対する免疫応答が誘導されることにより引き起こされると考えられています。

免疫再構築症候群として発生頻度の高い疾患は、帯状疱疹、非結核性抗酸菌症、サイトメガロ感染症、結核、ニューモシスチス肺炎、B型、C型肝炎の悪化、悪性腫瘍、自己免疫疾患、サルコイドーシス、動脈硬化などが報告されています。

免疫再構築症候群が発生しやすい状態としては、HAART療法を開始する時の、CD4陽性Tリンパ球数が50/μL未満、HIVの量が10万コピー/mL以上場合に、免疫再構築症候群を発症する可能性が高いという報告があります。

続きを読む

tag : 免疫再構築症候群

免疫再構築症候群とは-1.発生機序-

免疫再構築症候群(IRIS:Immune reconstitution inflammatory syndrome)とは、HIV感染により免疫不全が進行した状況下で抗HIV治療を開始すると、日和見感染症の発症や再燃が起こることを言います。

一般的にCD4が200/μL未満のHIV感染者に発生することが多く、多剤併用療法(HAART療法)を始めてから4ヵ月ぐらいまでに急に起こることが多い様です。

世界的にみても、HAART療法を受けた人全体の16.1%に発症するという報告があり、わが国においても8.7%に発症するという調査報告があります。

免疫再構築症候群が起こる原因としては、HIVに感染後に症状の出ない無症候期であっても、体内では常に少しづつHIVは増加しています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 免疫再構築症候群

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア