理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 梅毒とHIV感染






カスタム検索

急増する梅毒感染者とHIV感染との関係

2017年3月26日現在、梅毒患者数は1,031人に達し、1999年以降で過去最速ペースとなっています。

梅毒患者は、2006年の637人から2016年には4,559人と7倍となり、2017年の3ケ月足らずで既に1,031人に達し、2016年同期の796人を上回っているます。

このままの状態で患者が増加すれば2017年1年間で昨年の記録を更新してしまう可能性が高くなってきています。

何故これほど梅毒患者が急増したのかは、現時点ではハッキリとは分かっていません。

考えられることを以下に列記してみますと、

1.若年層の性行動の変化

2.風俗業の業態変化

3.梅毒蔓延国からの観光客の増加

何れも推測の域をでません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 梅毒 梅毒増加

梅毒の流行はHIV感染者を激増させる!?

依然として梅毒の流行に歯止めがかかりません!!

ここ数年は全国的にはもちろん、若い女性にも感染者が急増しています。

厚生労働省の「性感染症報告数」によりますと、女性の梅毒者数は2015年には377人だったのが、2016年には763人と1年で約2倍に増加し、更に5年前と比べると約5倍に増加しています。

なかでも、20~24歳、25~29歳の女性が圧倒的に多く、報告数も1年前に比べ2倍以上増加しています。

梅毒患者を男女別に見てみますと、圧倒的に異性間の性的接触が多く、全体の80%を占めます。

男性は同性間接触が圧倒的に多かったのが、2015年には異性間接触による患者が増加していることです。

当然女性は異性間接触により感染しています。

2015年の男性の感染原因で異性間の性的接触が急増したのは、女性の異性間の性的接触での感染が増えた影響と考えられます。

続きを読む

tag : 梅毒 HIV 梅毒トレポネーマ

梅毒患者の勢い未だ止まらず!!!

梅毒患者が増加し続けてます。

2016年第1~16週(1月4日~4月24日)の報告数は1114人と、前年同時期の報告数(2015年第1~16週、計561人)の2倍となっています。

このままのペースで患者が増え続ければ、年間3000人を突破するのも時間の問題となってきています。

梅毒患者は男女ともに増加していますが、特に女性の増加が顕著で2010年~2015年の5年間で約6倍に増加し、患者数は5年間で4倍以上に増加しています。

日本国内における梅毒患者は、抗生物質により1990年代に入ってからは年間1000人を下回り、近いうちには根絶されると考えられていました。

ところがさにあらず2010年を境に増加に転じ、2015年の報告数は2698人と、2010年の4.3倍となり、男女別ではそれぞれ3.9倍、6.2倍となり、女性の増加率が際立っていま。

しかし相変わらず患者数の7~8割が男性ですが、女性患者の大半が15~35歳であることも大きな問題となってきています。

なぜなら梅毒トレポネーマに感染している女性が妊娠すると、早産や死産、重い胎児異常をきたす恐れがあるからです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 梅毒患者の勢い未だ止まらず!!!

梅毒の現況とHIV

毎回梅毒を取り上げていますが、もう聞き飽きた・梅毒のことはよく分かった・他の話題を取り上げて欲しいと多くの方がうんざりされていると思いますが、ここで何度も何度も取り上げているのは、梅毒患者の増加が尋常でないからです。

後しばらく梅毒についてお付き合い下さい。

国立感染症研究所によると、2013年の梅毒患者数は、全国で1200人を超え、2014年は1671人、2015年は2698人、2016年になっても1~3月の3ケ月で796の梅毒患者が報告されています。

この患者数は、極めて異常な数で爆発的に流行していると考えられます。

特に女性患者の急増が際立っています。

女性感染者は2010年から2015年までの5年間で5倍となっています。

一昔までの梅毒トレポネーマの感染は男性から女性でしたが、ここ数年は女性から男性に感染することが多くなってきています。

ある統計によれば女性感染者の70~80%が平成生まれの20代前半で、40代も5%との報告があります。

男性患者は30代が最も多く、次は40代が多い傾向にあります。

梅毒は梅毒トレポネーマと呼ばれる螺旋状の菌によって引き起こされます。

梅毒トレポネーマの感染力は非常に強く、この菌を排出している感染者と、コンドームをしないでセックスをしたり、口によるオーラルセックスをすると、極めて高い確率で感染してしまいます。

まず一回の行為で感染します。

また、HIVのようにコンドームでの感染予防は極めて難しいのが現実です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 梅毒の現況とHIV

増加し続ける性行為感染症のひとつの梅毒

HIV感染者は先進国の中でわが国だけが増加し続けています。

また、一時期抑えこまれていた梅毒が復活し急激に増加し続けています。

梅毒は2010年の621人から2015年には2037人とこの僅か5年間でおよそ3.3倍も増加しています。

これを男女別に見てみますと、女性の場合2010年124人が2015年には574人とおよそ5倍増加しています。

男性の場合2010年497人が2015年には1463人とおよそ3倍増加しています。

1950年ころ10万人以上存在していた梅毒患者ですが、抗生物質の普及によって減少を続け60年代後半には10000人を、90年代前半には1000人を切り、2000年代は500~800人台となり、一時期は根絶されるかと考えられていました。

ところがさにあらず2011年から急増に転じたわけです。

ポピュラーな性行為感染症としての性器クラミジア、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、淋菌感染者がほぼ横ばいであるのと比べ突出しているこの原因ははっきりとは分かっていません。

昔は梅毒は男性の患者が主で女性患者は非常に少なかったわけですが、2015年の女性の年齢別感染者数は、15~35歳が4分の3以上を占め、最多は20~24歳で30%強となっています。

特に女性の梅毒は気づかないと妊娠すると、早産や死産になったり、胎児が「先天梅毒」となり重篤な異常をきたす危険があります。

続きを読む

tag : 増加し続ける性行為感染症のひとつの梅毒

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア