理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- エイズノイローゼ






カスタム検索

エイズノイローゼに陥らない為に-クンニリングス編-

エイズノイローゼに陥らないために気をつけることを数回に分けて解説していきます。

よく読まれてエイズノイローゼに陥らないようにしてください。

クンニリングス

クンニリングスをする側

HIVを含む膣分泌液から、口や舌などの粘膜から感染する可能性が低いながら当然あります。

しかし、多くの膣分泌液が口の中に入り続けないと感染力の非常に弱いHIVの感染はまず無いと考えられます。

注意しなければならないのは、相手が生理で出血がある場合は、特に生理の血液には多くのHIVが含まれていますのでHIVの感染リスクが高くなります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ HIV クンニリングス

エイズノイローゼに陥らない為に-フェラチオ編-

エイズノイローゼに陥らないために気をつけることを数回に分けて解説していきます。

よく読まれてエイズノイローゼに陥らないようにしてください。

フェラチオ

フェラチオをする側

1.口内射精をされなければHIV感染はありません。

2.口内に射精された場合は、口の中の粘膜と、HIVを含んだ精液が接触することにより、HIVに感染する可能性が出てきます。

すぐに吐き出したり、うがいをすることにより感染の可能性少しは低下させることが出来るという説もありますが、射精された精液中のHIVは口の中の傷ついた粘膜から直ぐに侵入することからして、うがいは感染予防にはあまり役立たないと血液の鉄人は考えています。

しないよりまし程度と考えておくべきでしょう。

また、カウパー液から感染したとの正式な報告はありませんが、感染の可能性がないとは言えません。

従ってフェラチオをする場合は、感染予防の観点から必ずコンドームを装着してからするべきでしょう。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ フェラチオ コンドーム HIV

HIV/AIDSの感染不安を無くするには

HIV/AIDSについて、医学的感染リスクのないのに感染不安を抱えている人は多くいることは事実です。

感染不安を持ち続けていると、冷静になることすら出来ず、ましてHIV検査や予防について考えることができません。

そして感染不安による精神的ストレスから体調が悪くなり、あたかも感染しているような症状が出ていると勝手に思い込み、益々体調が悪くなり、エイズ感染ノイローゼに陥ります。

HIV/AIDSは特別な感染症ではなく、性経験のある人なら誰しもが感染するリスクを有しています。  

しかし、HIV感染は日常生活で簡単には感染しません。

にもかかわらず感染不安に慄く人が多く存在することは事実です。

これは、HIV/AIDSに対する正しい知識がないことから発生すると考えられます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS エイズ感染ノイローゼ HIV検査

エイズノイローゼについて?4.エイズノイローゼの克服法?

エイズノイローゼは、HIVに感染していたらどうしよう、感染していたら生きていけない等、考えているうちに、頭がおかしくなり、悩んでしまう状態を言います。

エイズは、効果的な治療法がないことから、発病すると死亡する頻度が極めて高いことから、これに対する不安は強くなって当然と思います。

特に神経質性格で心配性な人は、自分に心当たりがあると、HIVに感染したのではないかと不安になってしまうものなのです。

そして、このために、何度も何度もHIV検査を受けたり、相手にも検査を受けさせたりする傾向があります。

また、日常の生活でも知らない間に感染してしまっているのではないかと、悩み続けたり、HIV検査を受けて陰性であっても、本当は感染しているのに、自分の結果は陰性となってしまっていると思いこみ、何度も何度もHIV検査を受け続けてしまいます。


エイズノイローゼを克服するにはどうしたらいいのでしょぅか?

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ エイズ HIV HIV検査 HIV感染経路

エイズノイローゼについて?3.エイズ ノイローゼ の解消方法について?

エイズ ノイローゼに陥った人は非常に多くいます。

血液の鉄人も非常に多くのエイズノイローゼに陥った人の相談アドバイスをしてきています。

エイズノイローゼを解消するには、

1.HIVに対する正しい知識を身につける。

2.感染したと思われる行為が、医学的に見て本当に感染するような行為かを、冷静に分析する。

3.心配している行為からのHIV感染が実際あったかどうかを調べる。

4.検査を受ける時期が来れば、HIV検査を受けて陰性を確認する。

5.受けた時期が適切な時期であれば、HIV感染はないと言うことを認識する。

6.HIV検査が陰性であるから、幾ら体調不良があっても、それは感染が原因でなく、HIV感染はないと割り切る。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : エイズノイローゼ HIV感染 HIV検査 アドバイス 相談

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア
広告
↓スポンサーも訪問して下さいネ!!
アフィリエイト
2016/04/22~2016/07/23
シャトレーゼ ガトーキングダムのウェディング情報
2016/06/17~2016/09/17
ホテルライフォート札幌のウェディングプラン一覧
ブルーミントンヒルのブライダルフェア一覧
2016/07/15~2016/10/15
ホテルモントレ札幌のブライダルフェア一覧
2016/08/12~2016/11/12
格安の結婚式を札幌で探す