理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- 感染不安






カスタム検索

HIVの感染経路を知ることにより、無用なHIV感染不安を払拭!!

HIVの感染経路ついて正しい知識を持たないと、無闇に感染不安ばかりが先立って、ことさら感染不安に怯えることななってしまいます。

どのような事から感染するのかを正しく認識しておく必要があります。

HIVの感染は、HIVを含む血液・精液・膣分泌液・母乳によって感染します。

特に血液・精液・膣分泌液が粘膜(ペニス・尿道・膣・肛門)や傷口に接触することにより、感染する可能性があります。

母乳が粘膜(ペニス・尿道・膣・肛門)や傷口に接触する事からの感染はまずありませんし、大人が少しの母乳を飲むことからの感染もありません。

免疫機能の不完全な乳幼児が日々母乳を飲む場合は、感染するリスクが極めて高くなります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS 感染不安

HIV感染ノイローゼは何故起こるのか??

過去3回に渡ってHIV感染ノイローゼに陥った実例を紹介してきましたが、今日はそのまとめとして、HIV感染ノイローゼが何故起こるのか解説してみます。

HIVに感染するような行為をして、数日後に、微熱・身体の節々の痛み・リンパ腺の腫れたような感じ・発疹・身体の疲労感などを感じる場合が多くあります。

この原因としては、HIVに感染するような行為をして、自分はHIVに感染しているのではないかと考え、普通は、起こっていても気にとめないような、身体の変化に過敏に反応してしまいます。

感染するような行為をして、罪悪感や精神的葛藤などから、精神的ストレスに陥り、体調が悪くなるのがほとんどです。

その理由としては、「AIDSそのものが死に直結する病気」であることが根底にあります。

HIVに感染して、AIDSを発症すれば、治療法が無く、やがては死亡してしまうという、恐怖心が増大して、何とも表現のしにくい、恐怖感が湧いてきます。

その結果、動悸、腹痛、食欲不振、下痢、呼吸困難、頭痛、めまいなどが起こることは、充分考えられることです。

更に自分が感染したことから、自分以外の第三者、例えば、配偶者・親・恋人に対して、申し訳ないという罪悪感も発生します。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV感染ノイローゼ HIV感染ノイローゼ精神的ストレス

HIV感染ノイローゼ?3.初期症状ノイローゼ?

今日は、HIV感染ノイローゼについて実際の事例【3.初期症状ノイローゼ】を紹介します。

フェラチオクンニンリングスを行い、その後初期症状のような体調不良を訴える45歳男性※

風俗店で、コンドーム無しの濃厚なフェラチオを受け、相手の女性にクンニンリングスを行い、行為から4日後に、喉の痛み・夕方から夜にかけての体温上昇・動悸・腹痛・食欲不振・時折起こる下痢・夜中の呼吸困難・リンパ腺の腫れと痛みなどの症状が出たことから、自分は絶対にHIVに感染して、これらの症状はHIV感染による初期症状であると思いこみ、絶望感から仕事も、家庭のことも全く手に着かず、相談してこられました。


これらの行為からは、感染力の非常に弱いHIVの感染は起こりえないとアドバイスをしても、色々の症状が起こっているのは、絶対にHIVに感染してしまっていると、思いこまれていました。

自分は、家族に対して申し訳ないことをしてしまった、感染者であることが解れば、会社を辞めなければならないし、家族に対してなんと言ってわびればよいのか、そして、自分はAIDSを発症して死んでしまうと悩み続け、アドバイスを受け入れる状況ではありませんでした。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV感染 フェラチオ クンニンリングス 抗原抗体検査 迅速抗体検査

HIV感染ノイローゼ?2.日常生活での感染不安?

今日は、HIV感染ノイローゼについて実際の事例【2.日常生活での感染ノイローゼ】を紹介します。

※日常生活で知らないうちにHIVに感染してしまっていると、悩む28歳の男性例※

この男性は、HIVに感染するような不安な行為は一切なく、日常生活で、通勤中他人と身体が触れあったり、人混みで身体が触れあったり、職場で文具やイスの共有などから知らないうちに感染してしまっていると常に考えて、HIV感染ノイローゼに陥ってしまっていました。

HIVが非常に怖いことから、感染するような行為(性行為・風俗)は一切しない潔癖な性格の持ち主です。

この事例を分析してみますと、

常にHIV感染不安があることから、日常生活で知らない間にHIVに感染してしまっていると、自分で思いこみ、絶えず保健所や医療機関でHIV抗体検査を受け続けています。

HIV感染不安があるにもかかわらず、精神的ストレスからの日頃の体調不良は一切なく、日常生活で知らないうちにHIVに感染してしまっていると、極度の恐怖心が強く、絶えず検査を受け続けているという、HIV感染ノイローゼの一種です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV感染ノイローゼ 日常生活での感染不安

HIV感染ノイローゼ?1?

今日から数回に分けて、HIV感染ノイローゼについて実際の事例を紹介していきます。

※コンドーム無しの性行為をして、感染不安に陥った35歳の男性例※

1.不安な行為から30日で抗原抗体検査を受けて陰性。

2.不安な行為から60日で抗原抗体検査を受けて陰性。

3.不安な行為から80日で日でリアルタイムPCR検査を受けて陰性。

4.不安な行為から90日で迅速抗体検査抗体検査を受けて陰性。

5.不安な行為から120日で迅速抗体検査を受けて陰性。

6.不安な行為から6ケ月日で迅速抗体検査を受けて陰性。

上記HIV検査を受けて全て陰性であるにもかかわらず、関節痛・身体のしびれ・喉の違和感・時折起こる下痢・37℃前後の熱・身体のしびれ・喉の違和感が何時までも取れず、体調が悪いことから、自分はHIVに感染しているのに、HIV検査が陰性となり、感染が見逃されているのでは無いかと心配し続けています。

この事例を分析してみますと、

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV HIV感染ノイローゼ HIV検査 抗原抗体検査 迅速抗体検査 リアルタイムPCR

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア