理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- HIV感染の現状






カスタム検索

エイズが終焉することがあるのか??

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の2015年版報告書によると、2014年にエイズに関連して死亡した人は推計120万人で、ピークであった2004年に比べ42%減少し、1995年頃のピークを境に最低レベルを更新したと記載されています。

全世界のHIV感染者・エイズ患者の累積総数は、2014年末時点で推計3690万人で2000年の310万人に比べて約35%減少したことになります。

これは地道に行ってきたHIV/AIDSに関する啓発活動や抗HIV薬の普及が世界的に広まった効果と考えられています。

要するに過去15年間でエイズ対策は驚くべき前進を遂げたことになります。

エイズが初めて報告されてから30年以上経過し、一昔前までは不治の病とされ恐れられ、過去30年間にわたって約4000万人ものことが死亡しています。

抗HIV薬が登場していなかった1996年当時は、HIVに感染すると平均して6~7年の寿命でしたが、抗HIV薬による治療法が開発されてからは、発症を遅らせることで、平均余命を40年にまで引き延ばすことができるようになっています。

しかし、現時点でも一度体内に侵入したHIV自体を体内から完全に消滅させる治療法は存在していません。

続きを読む

tag : エイズが終焉することがあるのか??

2014年東京都でのHIV感染者とAIDS患者増加についての考察

2015年4月9日、東京都は、2014年に都内の保健所や医療機関で新たに確認されたHIV感染者とAIDS患者の合計が前年より43人多い512人であったと発表しています。

特に20代のHIV感染者は、148人で過去最多となっています。

AIDSを発症した人は97人で前年より13人減少していますが、感染者は415人で56人増加しています

AIDS患者・HIV感染者内訳としては、男性が97%を占めています。

自己申告による患者・感染者の感染経路の推定は、同性間の性的接触が373人(73%)、異性間の性的接触が91人(18%)、感染経路特定不明やその他(母子感染、注射針の使い回しなど)は48人となっています。

年齢別では、HIV感染者では20代が最多を占めで148人(36%)、30代が135人(33%)で20~30代で70%近くを占めています

未成年3人、40代98人、50代20人、60代以上11人。

AIDS患者は30代が最多の35人、40代が31人と30~40代の割合が高く、50代が12人、20代と60代以上がともに9人、未成年が1人となっています。

続きを読む

tag : 2014年東京都でのHIV感染者とAIDS患者増加についての

2014年1年間のHIV/AIDSの現状

2014年のHIV感染者は、過去5番目に多い1520人だったとの速報値を厚生労働省のエイズ動向委員会が2015年2月24日に発表しました。

内訳は、HIV感染者1075人、AIDS患者445人。

年齢別では、HIV感染者数は20歳代が前年より30人増えて343人、30歳代の345人に次いで多い。

AIDS患者数は40歳代が147人で最も多い。

感染経路は、同性間の性的接触によるものが3分の2以上を占めています。

近年のHIV感染者数は1500人前後と高い水準で移行しています。

続きを読む

tag : 2014年1年間のHIV/AIDSの現状

2014年日本国内におけるHIV/AIDSの現状について

日本国内では,年間1,400人前後の新規HIV感染者が報告されており,HIV感染者とAIDS患者の累計は2014年6月末までに24000人弱となってぃます。

第138回エイズ動向委員会の報告によりますと、

1.新規HIV感染者のおよそ73%が同性間性的接触、また18%が異性間性的接触による感染です。

2.新規AIDS患者のおよそ58%が同性間性的接触、また27%が異性間性的接触による感染が原因の発症です。

1990年代は異性間性的接触と同性間性的接触が同様の割合で増加していましたが,2000年を境に異性間性的接触による感染が横ばいになったのに対し,男性同性愛者(MSM)の同性間性的接触による感染者が増加しています。

欧米でのHIV感染者の発生数値を単純に比較すれば、日本国内の数が極めて少ないことが分かりますが、これは単に数値が低いというだけで疫学的には日本はHIV感染拡大の初期段階と考えられています。

そのことから今後共、HIV感染予防の啓発を徹底して感染拡大を封じ込める取り組みが必要とされています。

続きを読む

tag : 2014年日本国内におけるHIV/AIDSの現状について

HIV感染を早期に発見する意義とは??

2014年2月現在これまでにおよそ30種類の抗HIV薬が開発されており、これら抗HIV薬を早期に正しく服用すればHIVが免疫細胞に侵入して増殖する過程を攻撃、HIVの増殖と免疫細胞の破壊を防ぐ事が可能となり、AIDSの発症を押さえ込むことが可能となっています。

抗HIV薬はHIVを攻撃する機序によって5種類に分類され、3種類以上の薬剤を組み合わせて使うことで、HIVの増殖をほぼ完璧に押さえ込めるようになってきています。

"早期にHIV感染を発見し、きちんと治療していればエイズで死ぬ人はほとんどいなくなり、余命は一般人とほぼ変わらないようになってきています"

しかし、わが国ではHIVに感染するような危険な行為をしてもHIV検査を受けること無く放置し、体調が悪くなってから医療機関を受診し、その時初めてHIV感染を指摘される"いきなりエイズ"が30%以上も存在することを忘れてはなりません。

"いきなりエイズ"になってしまうと、命を落とす危険があるだけでなく、いくら治療を行っても良い効果は得られません。

命を落とす危険があるだけでなく、長い潜伏期間中に他人へのさらなるHIV感染を広げることにもなります。

HIVに感染しても抗HIV薬を正しく飲み続ければ血液中のHIVは検出できない量に減少し、AIDSを発病する事はほとんどなく、まして他人にHIVを感染させる心配も少なく、普段とほぼ変わらない生活ができます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV感染を早期に発見する意義

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア