理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき- エイズ






カスタム検索

AIDSとは何?

誤った考え方として、ヒト免疫不全ウイルス(HIV:Human Immunodeficiency Virus)に感染することがAIDSと理解している人が多いのが事実です。

要するにHIVに感染=AIDSではありません。

それではAIDSとは何なんでしょうか?

AIDS(Acquired immuno-deficiency syndrome)の正確な定義は、"HIVに感染していて免疫が下がった状態"では不十分で、正確には『HIVに感染していて,23のAIDS指標疾患のうち,1つでも満たすもの』です。

HIVは体内に侵入すると、CD4陽性T細胞に感染しCD4数を直接的に減少させます。

CD4数が減少することは即ち免疫力が低下することです。

HIVに感染すると以下の3期の経過をたどります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : AIDSとは何 HIV

AIDS の診断

AIDS の診断は、HIVスクリーニング検査において陽性を呈し、確認検査で本当の陽性と判定される必要があります。

そして以下に示すAIDS指標疾患(Indicator Disease)の1つ以上が明らかに認められる場合にAIDSと診断されます。

以下にAIDS指標疾患(Indicator Disease)を提示しておきます。

※厚生労働省が定めるAIDS発症の基準となる23の合併症※

要するにAIDS指標疾患とは、HIV感染者がこの疾患を発症した段階でAIDS患者と診断される、23種類の疾患。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : AIDS診断 AIDS指標疾患

日本人はエイズへの関心が薄すぎる!!??

現在毎年全世界で160万人がエイズによって死亡しています。

そのため世界各国では、HIV/AIDSに対する正しい知識の普及・教育・予防対策に力を尽くしています。

日本でエイズへの関心が希薄なのは、国内の患者数が他国に比べて少ないことと、HIVに効果がある抗HIV薬が数多く開発されて、AIDSの病気を抑え込めるようになってきたことによると推測されます。

しかし、日本では毎年1500人前後の新規感染者しか報告されていないことからして、日本国内でのHIV感染者は少ないと考えられがちですが、決してそうではありません。

HIVに感染するような危険な行為をしてもHIV検査を受ける人が極めて少ないだけで、真にHIV感染者が少ないとはいえません。

それが証拠にHIVに感染するような危険な行為をしてもHIV検査を受けずに放置し、体調不良が起き受診した際に初めてAIDSを発症していることを指摘される人が毎年増加しています。

いわゆる"いきなりエイズ"です。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 日本人はエイズへの関心が薄すぎる

都道府県別AIDS患者ランキング

日本国内では相変わらず新規のHIV感染者およびAIDS患者の増加傾向はとどまることはありません。

日本でHIV感染者・AIDS患者が増加傾向にあるのは、このHIV/AIDSに対する教育の遅れと、各人の無関心、正しい知識を持たないことがその要因と考えられます。

2010年度における都道府県別AIDS患者ランキングを紹介しておきます。

ベストスリーには、やはり東京・大阪・愛知の大都会がランキングされています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : AIDS患者都道府県別ランキング

AIDS発症者の増加について

わが国において、HIV感染者のAIDS発症が増加する傾向が顕著に見られます。

2010年の新規AIDS患者の報告は、469人と過去最多を更新しています。

2011年は上半期では、253人と、昨年を上回る勢いで増加しつつあります。

その上HIVに感染後の潜伏期間が非常に短くなり、AIDSの発症が早くなる傾向が続いています。

HIVに感染する可能性のある行為をした場合は、検査を受ける時期が来れば、すみやかに検査を受けることが大切です。

HIV感染に可能なかぎり早く気づき、HIVの増殖によって体の免疫機能が低下してしまわないうちに抗HIV薬による治療を開始すれば、AIDSの発症を食い止め普通の人と同じ生活を営めるようになっている現在、未だにAIDS患者が増加する現象は大変危惧されることです。

検査を受けて早く治療をすれば発症を未然に防げるにも関わらず、発症者が増加していることは、「自分は感染しない」、「検査を受ける時間がない」、「検査を受けるのが怖い」等と理由付をして検査を受けない人が多いからです。

積極的にHIV検査を受ける人が減れば減るほど、AIDS発症前にHIV感染を発見することは不可能となります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV検査 AIDS コンドーム いきなりエイズ

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア