理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき-
FC2ブログ






カスタム検索

HIV検査についての再確認-6.HIV検査の特異度とは-

特異度とは、臨床検査の正確さを決める指標のひとつで、ある検査について"本来陰性であるべきものを正しく陰性と判定する確率"として定義されています。

すなわち特異度が高いということは、その疾患に罹患していない人の大部分が検査で陰性になることを意味しています。

HIV検査特異度が高ければ高いほどニセの陽性者が少ないということになります。

従って特異度の高いHIV検査は、HIVに感染していない人を陽性と判断することはまずないと言えます。

従って陽性と判断されることがほとんどないHIV検査で陽性と判断されれば、絶対にHIVに感染していると診断することができます。

感度が高いHIV検査で陰性となれば、HIVに感染している確率は低いと言えますが、特異度が高いHIV検査で陽性となれば、HIVに感染ししている確率が極めて高いと言えます。

特異度の高いHIV検査は、確認用検査として利用されます。

これは感度の高いスクリーニング検査では、ニセの陽性反応が出現する可能性が高いことから、陽性となった確認用検査として利用されるわけです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV検査 特異度

HIV検査についての再確認-5.HIV検査の感度とは-

HIV検査の感度とはどういうことなのか】

HIV検査の有用性を評価する指標として感度と特異度がありますが、感度及び特異度は特定の疾患(この場合HIVを例にとって話を進めます)について、その検査がHIV感染の有無をどの程度正確に判定できるかを示す定量的な指標ということになります。

そして感度とは、HIV感染者中の検査陽性者を検出する割合を言います。

従って、HIV検査の感度が高いということは、HIV感染者の大部分が検査陽性になることを意味しています。

要するに検査の感度が高ければ、HIV感染者の中で検査陰性になるもの、すなわち偽陰性者が少ないということになります。

感度が高いHIV検査は、HIV感染者のほとんど見逃すことがなく、HIV感染者の発見率が高い検査といえるのです。

逆に、感度が低いHIV検査はHIVに感染していたとしても陰性と判定される可能性が高いことになります。

HIV感染者を見逃すリスクの高い感度の低い検査は、HIVスクリーニング検査として利用できません。

【誤解しやすい点】

※感度の低いHIV検査は、HIVに感染していない人に対しても陽性になると考えられがちですが、感度が低いHIV検査は、HIVの感染を見つける能力が低いため陽性にはなりにくいのです※

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV検査の感度

HIV検査についての再確認-4.リアルタイムPCR検査は度のタイミングで受ければよいのか-

【リアルタイムPCR検査を受ける最適な時期とは?】

不安な行為の次の日から数えて11日以降に受けることによって、信頼できる結果が得られます。

【不安な行為から30日以降にリアルタイムPCR検査を受けても意味は無いのか?】

当然不安な行為から30日が経過した時点でリアルタイムPCR検査を受けても信頼できる結果は得られますが、この時期であれば抗原抗体検査で信頼出来る結果が得られますから、敢えてリアルタイムPCR検査を受ける必要はありません。

また、不安な行為から12週経過後にリアルタイムPCR検査を受ける人がいますが、これは受けても高い検査費用の無駄になります。

なぜならこの時期であれば、抗原抗体検査や迅速抗体検査でHIV-1とHIV-2の抗体を検出可能であるからです。

不安な行為から12週経過後にリアルタイムPCR検査を受けてもHIV-1の感染の判断しかできず、再度抗原抗体検査か即日抗体検査を受け直す必要があるからです。

【リアルタイムPCR検査は、不安な行為から1ケ月以上経過して受けると信頼できる結果は得られないのか?】

巷では、リアルタイムPCR検査を不安な行為から1ケ月以上経過して受けると血液中のHIV-1の量が少なくなるので、信頼出来る結果が得られないと言われますがこれは間違いです。

そもそもリアルタイムPCR検査は、HIV-1感染者に抗HIV薬を使用しての治療効果を調べる意味で血液中のHIV-1の量を調べる検査ですから、極めて微量の血液中のHIV-1を検出することが可能ですから、不安な行為から11日以降いつ受けても信頼できる結果は得られます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : リアルタイムPCRの受ける時期

HIV検査についての再確認-3.リアルタイムPCR検査-その2-

リアルタイムPCR検査見逃すHIVのサブタイブはないのか?】

現在世界中で見つかっているHIV-1のサブタイプ(グループM、サブタイブA~H及び0)は全て見つけることが出来ます。

※2020年3月現在、リアルタイムPCR検査ではHIV-2を見つけることは出来ません※

【抗生物質を服用して検査を受けるとリアルタイムPCR検査には影響はあるのか?】

どのような抗生物質を服用しても、HIVには効果はありませんので、検査に影響を与えることはありません。

【ステロイド剤を使用して検査を受けるとリアルタイムPCR検査には影響はあるのか?】

塗り薬や喘息の薬など少量のステロイド剤が含まれる薬剤が影響を与える事はありません。

入院してステロイド剤や免疫抑制剤を多量に使用していれば、HIV抗体が出来るのを押さえることがありますが、ステロイド剤や免疫抑制剤はHIVの増殖を助けるために、この検査に影響を与えることはありません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : リアルタイムPCR HIV

HIV検査についての再確認-3.リアルタイムPCR検査-その1-

リアルタイムPCR検査とは】

HIV-1の核酸の一部を見つける検査法です。

リアルタイムPCR検査の原理とは】

HIV-1の核酸を化学的な方法で、1億倍程度に増幅して検査をすることから検出感度も非常に高く血液中の微量のHIV-1を調べることが出来ることから、HIV-1感染の判断検査として広く用いられています。

リアルタイムPCR検査の正式名称は】

『コバス taqMan HIV-1「オート」』と呼びます。

※もうひとつの『リアルタイムPCR検査として アキュジーン m-HIV-1』リアルタイムPCR検査としてがあります

健康保険の名称は『HIV-1核酸増幅定量精密検査』です。

【どのように検査をするのか】

検査キット附属の定量標準HIV RNAを含む「カオトロピックイオン溶液」で、HIV-1を溶解して、シリカ粒子であるTaqMan磁性粒子懸濁液を使用して、HIV-1 RNA及びHIV-1RNAを精製する。

試料より抽出されたHIV-1 RNA及びHIV-1 QS RNAに自動調製された増幅試薬を加える。

核酸抽出から増幅試薬の添加までの工程は、専用機器コバスAmpliPrepを、RNAの増幅及び定量は専用機器コバスTaqManを使用して行われる。

各サイクルの「Z05 DNAポリメラーゼによる相補鎖の伸長」と「DNAプローブの切断・遊離による蛍光発光」の各ステップで測定された蛍光強度がリアルタイムにモニターされ、反応液中のHIV-1 RNA及びHIV-1 QS RNAの増幅曲線が得られます。

この際、HIV-1 RNA用のTaqManプローブとHIV-1 QS RNA用のTaqManプローブでは波長の異なる蛍光色素を使用していることから、それぞれの識別は可能となります。

得られた増幅曲線から蛍光強度が一定以上となるサイクル数を求めて、カットオフ値(Ct値:Critical threshold value)とします。

HIV-1 Qs RNAのCt値と反応液中HIV-1 RNAのCt値を用いて、キット固有の内部検量線より、血液中のHIV-1 RNA濃度を計算すます。

発光強度が一定以上に達しないときは、HIV-1 RNAのCt値として計算されないために、HIV-1 RNAは算出されません。

検査法を端的に言いますと【血液中のHIV-1を特殊な薬品で、1億倍に増殖させて、HIV-1の遺伝子の一部の核酸を機械的に調べる】検査です。

続きを読む

tag : リアルタイムPCR HIV

HIV検査についての再確認-2.NAT検査-

AT検査とは核酸増幅検査(Nucleic Acids Amplification test)のことです。

この検査は、ウイルスを構成する核酸(DNAまたはRNA)の一部を約1億倍に増幅(数を増やす)し検査を行うことから非常に感度と特異性が高く、ウインドウ・ピリオドの短縮を可能にします。

NAT検査は、日本赤十字社の血液センター専用の検査方法で、医療機関や保健所で受けることは出来ません。

血液センターでは1999年からNAT検査を導入しています。

また、この検査は、HIV、HBV、HCVのウイルスを同時に検出することが出来ます。

従ってNAT検査が陽性になるとHIV、HBV、HCVのそれぞれの個別NAT検査を実施してどれが陽性かを鑑別する必要があります。

現在のNAT検査は、HIV-2の検出も可能となっています。

NAT検査は、導入当初からプール法で検査されていましたが、検体をプールすることにより検出感度が低下し、見逃しが発生したことから現在ではプール法をやめてひとりひとり検査する1本法で検査を実施しています

NAT検査のウインドウ・ピリオドは、11日と考えられています。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : NAT検査 HIV リアルタイムPCR

HIV検査についての再確認-1.HIV Ag/Ab検査とは何??-

HIV検査を受けて受け取った検査成績書にHIV Ag/Abと記載されていることがありますが、これはどのような検査法なのでしょうか?

Ag(Antigen:アンチゲン)は抗原、Ab(Antibody:アンチボディ)は抗体の意味です。

従ってHIV Ag/Ab検査とは、HIV抗原抗体検査(第四世代)ということになります。

HIV Ag/Ab検査は何を見つけることが出来るのか】

・不安な行為から30~50日前後で受けることによってHIV-1の抗原であるp24を検出できます。

・不安な行為から12週以降に受けることによって、HIV-1とHIV-2の抗体を検出できます。

【受けるときの注意】

・不安な行為から30日以前に受けると、いくらHIVに感染していても血液中のHIV-1の抗原であるp24の量が少ないことから見逃し偽陰性となります。

・不安な行為から50日を超えると血液中のHIV-1の抗原であるp24の量が少なくなっていくことから見逃し偽陰性となる確率が高くなります。

・不安な行為から12週経過しないと検査で見つかるHIV-1とHIV-2の抗体の量が少く、偽陰性となります。

・従って不安な行為から30~50日以内に受ける必要があります。

【HIV Ag/Ab検査の種類】

日本では数社から販売されています。

検査方法関しては、エンザイムイムノアッセイ法、エライサ法による検査とイムノクロマト法による迅速抗原抗体検査があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 抗原抗体検査

HIV検査を受ける際の注意点-10.HIV郵送検査を利用する際の信頼できる条件についての再確認-

自宅にいながら簡単に利用できるHIV郵送検査を利用する人はここ数年で著しく増加しています。

HIV郵送検査が多くの人に利用される理由としては、保健所などの公的機関での検査体制に不満があるからです。

その不満として以下のようなことが考えられます。

1.保健所での検査は受ける日時が限定されて自分の都合に合わせて受けられない。

※行政特有の検査をしてやっているというお役所気質が未だに是正されていない※

2.プライバシーが保護されていない。

3.実施している検査法がどのようなものかが明確にされていない。

次にHIV郵送検査の問題点について考えてみましょう。

続きを読む

tag : HIV郵送検査

HIV検査を受ける際の注意点-9.HIV抗体検査が陰性であれば必ずHIVに感染していないと言えるのか??!!-

HIV抗体検査が陰性であれば必ずHIVに感染していない言えるのか"について解説してみます。

最終の感染機会から3カ月以上経過している時期にHIV抗体検査を受けて陰性であれば、限りなく100%近く感染はなかったと言えます。

HIV抗体検査は、HIVに対する感染抗体を調べていることから、陽性になるまでに当然時間(血液の鉄人は12週と考えています)の経過が必要となります。

HIVに感染すると、まず血液中にHIV-1の抗原が増えてからHIV抗体ができることからして、現在大病院の検査室および検査依頼会社で主流で実施されている第四世代の抗原抗体検査では、不安な行為から30日でHIV-1の抗原を検出することが可能となっています。

それに比べて、スクリーニング検査の主流となっている即日抗体検査では、HIV-1/-2の抗体ともに感染するような行為があってから12週が経過しないと検出しづらいのが実情です。

HIVに感染すれば4~6週でHIV抗体は体の中に出来ますが、出来た抗体の量が充分でないとこの時期にHIV抗体検査を受けても陰性となってしまいます。

大切なことは、体内に検査で見つかるHIV抗体の量が十分にある時期にHIV抗体検査を受ける必要があります。

言い換えると、HIVスクリーニングが陰性であることは、そこからさかのぼって3ケ月前から以前の不安な行為での、HIV感染はなかったということになります。

しかし、定期的に不安な行為をしていればいつ感染したのかわかりませんので、HIV抗体検査が陰性であってもHIVに感染しているとは言い切れません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV検査 受ける時期

HIV検査を受ける際の注意点-8.通販検査を利用する際の注意点-

保健所や医療機関でHIV検査を受ける場合、プライバシーの保護を危惧する人が多くいることは周知の事実です。

特に保健所での検査がいくら無料であっても受けるのを躊躇している人が多いのも事実です。

その上保健所の都合で受ける日時が一方的に決められ、受けたい時に受けられない不便さもあります。

その為に通販でHIV検査キットを購入して自宅で検査をする人や、穿刺器具で血液を採取してその血液を民間の会社に郵送して検査を受ける人が増加しています。

現実、民間の郵送検査の利用件数が増加しつつあることは事実です。

通販でHIV検査キットの人気の理由としては、以下が考えられます。

1.数千円の費用で気軽に検査ができる。

2.検査の際に他人と顔を合わせる煩わしさがない。

3.いつでも自分の希望した時に検査を受けられる。

しかし冷静に考えてみて、本当に自宅検査や郵送による検査には問題点がないのでしょうか?

危惧される問題点を以下に上げてみます。

1.検査を受ける時期が適切であったか。

2.正しく採血や検査が実施できたか。

3.陽性となった時の業者の対応は十分か。

4.検査キットそのもの信頼性。

5.検査を受ける業者の信頼性はどうなのか。

等が挙げられます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 通販HIV検査キット 郵送HIV検査

HIV検査を受ける際の注意点-7.NAT検査は病院等の医療機関で受けることが出来るのか?-

NAT検査は何処で受けられるのかという質問を受けますので、今回はNAT検査の受けられる施設について解説致します。

ここで言うNAT検査は、当然リアルタイムPCR検査のことです。

本当のNAT検査は、血液センター専用の検査で医療機関では受けることは出来ません。

何度も申し上げていますが一般的にNAT検査と呼ばれるのは、リアルタイムPCR検査のことです。


NAT検査所謂リアルタイムPCR検査は、全国何処の医療施設でも受けることが出来ます。

医療施設の大小(大学病院から個人のクリニック)は関係ありません。

検査の種類は膨大な数あり、幾ら大学病院でもすべての検査を自施設で検査することは不可能なのです。

当然中小の病院やクリニックではなおさら検査することが出来ません。

その為に医療機関から検査を請け負う検査専門の会社があるのです。

検査を請け負う会社は全国にあり、全国全ての医療機関の検査を請け負って検査しています。

NAT検査ができない医療機関は、検査専門の会社に検査を依頼することになります。

全国の医療機関は大小にかかわらず全て検査専門の会社と契約をしています。

従ってNAT検査を受けることの出来ない医療機関はありません、全国どこの医療機関でも検査は受けることが出来ます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : NAT検査 HIV リアルタイムPCR検査

HIV検査を受ける際の注意点-6.リアルタイムPCR検査検査について-

リアルタイムPCR検査は、HIV-1の核酸の一部の見つける検査法です。

HIV-1の核酸を化学的な方法で1億倍程度に増幅して検査をすることから、血液中の微量のHIV-1の検出が可能です。

検出感度が極めて高いことから血液中の微量のHIV-1を調べることが出来、HIV-1感染の早期判断検査として広く用いられています。

更にHIV-1感染者の治療指針として血液中のHIV-1の量を調べる検査法としても利用されています。

リアルタイムPCR検査は、コバスTaqMan HIV-1「オート」と呼ばれます。

リアルタイムPCR検査は、一般的にNAT検査と呼ばれていますが、本当はNAT検査は血液センター専用の検査ですから、医療機関や一部の保健所で受ける検査はNAT検査ではありません。

便宜上NAT検査と呼ばれているだけで、真のNAT検査ではなくリ正式名称はアルタイムPCR検査です。

前回に述べましたように真のNAT検査は、血液センター専用の検査ですから医療機関や保健所では受けることはできません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : リアルタイムPCR

HIV検査を受ける際の注意点-5.NAT検査について-

NAT検査とは核酸増幅検査(Nucleic acid Amplification Test)の頭文字を取ったものです。

HIVの遺伝子の一部の核酸を取り出し、その核酸を化学的に倍々で増やし増えた核酸を検出することでHIV遺伝子の有無を確認する検査法です。

NATを使用したウイルス検査法はウイルスの持つ遺伝子を一億倍以上に増やして検出するため極めて感度の高い検査法です。

NAT検査そのものは、血液センター専用の検査法で日本赤十字社は1999年より、血液の安全性向上を図る目的でB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)について特に有効なNAT検査を世界に先駆けて導入しました。

以下に核酸増幅検査の導入の推移を簡単に記載しておきます。

1.1999年10月:HBV・HCV・HIVの3種のウイルスに対するミニプールNAT(500検体プール)スクリーニングを初めて導入。

2.2000年 2月:検体のプールサイズを50検体に変更。

3.2004年 8月:検体のプールサイズを20検体に変更。

4.2014年 8月:新たなNATシステムに変更し、さらに1検体ごとのNAT(個別NAT)スクリーニングを開始。

要するにプール法では感度が低くなり検出できなかった事例が発生したことから、ブール法を廃止してひとりひとりの血液を検査する個別NATに切り替えたわけです。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : NAT検査 HIV

HIV検査を受ける際の注意点-4.HIV検査の世代とは-

【検査で言われる何世代とは】

HIV検査でよくこの検査は何世代の検査という言い方をしますが、現在のHIV検査は何世代の検査なのでしょうか?

20119年12月現在のhiv検査は、第四世代の検査が殆どを占めています。

HIV検査が最初に開発された時は、第一世代検査と言われていましたが、その後改良が加えられて第二世代から第三世代そして第四世代となっています。

続きを読む

tag : NAT検査 第4世代検査

新年のご挨拶

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は当サイトをご利用いただきありがとうございました。

本年も皆様方のお役に立てるよう頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

血液の鉄人

テーマ : 感謝をこめて
ジャンル : 心と身体

tag : 謹賀新年

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
HIV検査キット












エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット












フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア