理解しやすく、役立つエイズのブログ-血液の鉄人のささやき-
FC2ブログ






カスタム検索

HIV検査の種類について-5.NAT検査-

NAT検査とは】

核酸増幅検査(Nucleic Acids Amplification Test)のことです。

この検査は、ウイルスを構成する核酸(DNAまたはRNA)の一部を約1億倍に増幅(数を増やす)し検査を行うことから非常に感度と特異性が高く、ウインドウ・ピリオドの短縮を可能にします。

NAT検査は、日本赤十字社の血液センター専用の検査方法で、医療機関や保健所で受けることは出来ません。

血液センターでは1999年からNAT検査を導入しています。

血液センターのNAT検査は、HIV、HBV、HCVの検査を同時に行う検査法です。

従ってNAT検査が陽性になるとHIV、HBV、HCVのそれぞれの個別NAT検査を実施してどれが陽性かを鑑別する必要があります。

血液センターのNAT検査は、HIV-2の検出も可能となっています。

リアルタイムPCR検査はHIV-2を検出できません※

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : NAT検査 リアルタイムPCR検査

HIV検査の種類について-4.イムノクロマト法による迅速抗原抗体検査-

イムノクロマト法による迅速抗原抗体検査は、日本においては"エスプライン HIV Ag/Ab"と"ダイナスクリーン・HIV Combo"のふたつがあります。

これらは血清、血漿及び全血中のHIV-1の抗原であるp24とHIV-1及びHIV-2抗体の検出をおこなう第四世代(抗原+抗体)の迅速HIVスクリーニング検査試薬です。

両者とも特異性と感度はほぼ同一です。

【検査を受ける時期】

1.HIV-1の抗原であるp24を見つけるためには、不安な行為から30日で受けるのが最善。

※50日までは信頼できる結果は得られますが、不安な行為から50日を超えると血液中のHIV-1の抗原であるp24の量が少なくなっていくことから見逃し偽陰性となる確率が高くなります。

2.HIV-1とHIV-2の抗体を見つけるためには、不安な行為から12週で受ける必要があります。

【結果の解釈】

1)不安な行為から30~50日で陽性・・・HIV-1の感染の疑い

2)不安な行為から12週で陽性・・・HIV-1又はHIV-2の感染の疑い

※どちらに感染しているかは、再度HIV-1とHIV-2の検査を個別に実施する必要があります※

3)不安な行為から12週で陰性・・・HIV-1とHIV-2共に感染は否定。

4)不安な行為から30日で陰性・・・HIV-1の感染は否定できるが、HIV-2の感染は否定できていないので、12週で陰性を確認する必要があります。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : イムノクロマト法による迅速抗原抗体検査 エスプラインHIV Ag/Ab ダイナスクリーン・HIV Combo

HIV検査の種類について-3.第四世代抗原抗体検査法-

今回解説する第四世代抗原抗体検査の測定法は、下記の方法があります。

1.CLIA法(Chemiluminescent Immunoassay:化学発光免疫測定法)

2.ECLIA法(Electro Chemiluminescent Immunoassay:電気化学発光免疫測定法)

3.ELFA法(Enzyme Linked FluorescentAssay:蛍光酵素免疫測定法)

イムノクロマト法による第四世代抗原抗体検査は次回解説いたします。

HIV-1のコア蛋白質であるP24抗原を検出するのが第四世代検査薬で、HIV抗原抗体検査と呼ばれます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV 第四世代抗原抗体検査

HIV検査の種類について-2.第三世代抗体検査-

エライサ法

【HIV抗体検査のエライサ法とは】

エライサ法とは免疫学的測定法のひとつで、抗体を使った免疫学的測定法のひとつでもあり、正式名称は,Enzyme-linked immuno-sorbent assay と言います。

エライサとは、このEnzyme-linked immuno-sorbent assayの頭文字のELISAの略称です。

別名酵素免疫測定法とも言われますがエライサ法の方がよく知られています。

また、EIA法とも呼ばれます。

EIA法は、Enzyme Immunoassayの略称です。

【測定原理】

エライサ法とEIA法の測定原理は同じです。

エライサ法は、マイクロプレートやチューブにHIV抗原を吸着させて検査を行いますが、EIA法はビーズにHIV抗原を吸着させて検査を行います。

エライサ法は抗体と酵素を使った測定法です。

一般的には、96のウェル(穴)を持つマイクロプレートを使い、このウエル内部の表面にHIV抗原を吸着(コーティングとか固相化とも言います)させて使用します。

このHIV抗原は、血清又は血漿中にあるHIV抗体を補足するために使われます。

HIV抗原を吸着したウエルに血清または血漿を加えて一定温度で一定時間放置し、ウエルを薬品で洗浄しそこに酵素標識抗体を加え更に一定温度で一定時間放置し、ウエルを薬品で洗浄し最後に基質を加えてから、酵素標識抗体の発色を機械で測定します。

血清又は血漿中にHIV抗体が存在すれば、ウエルに吸着させたHIV抗原にHIV抗体が結合し、この結合物に酵素標識抗体が更に結合し、発色するわけです。

血清又は血漿中にHIV抗体が存在しなければ、ウエルに吸着させたHIV抗原には何も結合しませんので、酵素標識抗体も結合すること無く発色もしません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

HIV検査の種類について-1.イムノクロマト法-

【はじめに】

現在のHIV検査には、

1.リアルタイムPCR検査

2.第三世代の抗体検査

・エライサ法

・PA法

3.第四世代の抗原抗体検査

・酵素免疫測定法

・エライサ法

4.イムノクロマト法による迅速抗原抗体検査及び迅速抗体検査

などがあります。

多くの方からHIV検査とその検査手技についての質問を受けますので、数回に分けてHIV検査の手技について解説していきたいと思います。

今回は第一回目として、イムノクロマト法について解説いたします。

【HIV抗体検査のイムノクロマト法とは】

イムノクロマト法により血漿、血清、全血を使用してこれらの中に存在する抗HIV‐1抗体及び抗HIV-2抗体を検出するキットです。

日本において厚生労働省から認可を受けているキットは、アリーアメディカルから販売されている『ダイナスクリーン』一つしか存在しません。

【測定原理】

検体(血液・血漿・血清)中の抗HIV抗体は、シート下部のセレニウムコロイド標識HIV抗原と反応し、抗HIV抗体-セレニウムコロイド標識HIV抗原の結合物を形成し、この結合物はシート上を移動して、シート上部に固相化されたHIV抗原と結合し、固相化HIV抗原-抗HIV抗体-セレニウムコロイド標識HIV抗原のサンドイッチ型の結合物を形成します。

その結果結シート上の判定窓に出現するセレニウムコロイド由来の赤色のラインの有無を目視で判定します。

この場合、必ずコントロールラインに赤色のラインが出現している必要があります。

コントロールラインに赤色のラインが認められない場合は、検査が正しく実施されていないことから、再度検査を実施する必要があります。

【測定結果の判定法】

シートの各ストリップ上には、上下に分かれて 2 つの判定窓があり、この 2 つの窓を観察し、赤色のラインの有無を確認する。

結果を判定する前に、測定操作が正しく行われたことを確認するために、ストリップ上部のコントロール窓の中に赤色のライン(コントロールライン)が現れていることを必ず確認する。

コントロールラインが認められる場合は検査結果は有効であるが、認められない場合は検査結果は無効とし、再検査を行う。

※判定ラインに赤色のラインが認められた場合は、赤色の強弱にかかわらず陽性と判定する※

※判定ラインの赤色の強さは、HIV抗体の力価を定量的に反映しません※

※定められた判定時間15分を経過後、判定ラインに薄くラインが出現しても陽性とは判定しない※

続きを読む

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

tag : HIV検査 イムノクロマト法

2018年3月26日~6月24日までの新規HIV感染者数とAIDS患者数

1.新規HIV感染者数

1)男女別感染者数

男性 205人
女性  14人
計  219人

2)感染経路

・異性間の性的接触 男性33人、女性11人 合計44人
・同性間の性的接触 男性141人、女性0人 合計141人
・母子感染 男性0人、女性0人 合計0人
・静注薬物使用静注薬物使用 男性0人、女性0人 合計0人
・感染経路が複数ある 男性6人、女性0人 合計6人
・感染経路不明 男性25人、女性3人 合計28人

2)年齢別感染者数

10歳未満   男性0人、女性0人 合計0人
10~19歳 男性0人、女性0人 合計0人
20~29歳 男性57人、女性4人 合計61人
30~39歳 男性64人、女性3人 合計67人
40~49歳 男性51人、女性3人 合計54人
50~59歳 男性21人、女性3人 合計24人
60~69歳 男性12人、女性1人 合計13人
70歳以上歳 男性0人、女性0人 合計0人 
不明     男性0人、女性0人 合計0人

3)感染地域

国内 男性170人、女性7人 合計177人 
国外 男性15人、女性2人 合計17人
不明 男性20人、女性5人 合計25人

続きを読む

tag : 2018年3月26日~6月24日までの新規HIV感染者数とAID

謹んで北海道胆振東部地震により被災された皆様にお見舞い申し上げます。

この度の北海道胆振東部地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

tag : 北海道胆振東部地震 お見舞い

謹んで台風被害のお見舞いを申し上げます。


この度の台風21号により被災された皆様にお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されますよう、心からお祈り申し上げます。

tag : 台風21号お見舞い

2018年1月~3月25日までの新規HIV感染者数とAIDS患者数

2018年1月~3月25日までの新規HIV感染者数とAIDS患者数についてお知らせ致します。

1.新規HIV感染者数

1)男女別感染者数
男性 192人
女性  15人
計  207人

2)感染経路
・異性間の性的接触 男性29人、女性10人 合計39人
・同性間の性的接触 男性148人、女性0人 合計148人
・母子感染 男性0人、女性0人 合計0人
・静注薬物使用静注薬物使用 男性0人、女性0人 合計0人
・感染経路が複数ある 男性2人、女性0人 合計2人
・感染経路不明 男性13人、女性5人 合計18人

2)年齢別感染者数
10歳未満   男性0人、女性0人 合計0人
10~19歳 男性2人、女性0人 合計2人
20~29歳 男性68人、女性2人 合計70人
30~39歳 男性72人、女性6人 合計78人
40~49歳 男性33人、女性4人 合計37人
50~59歳 男性9人、女性3人 合計12人
60~69歳 男性8人、女性0人 合計8人
70歳以上歳 男性0人、女性0人 合計0人 
不明     男性0人、女性0人 合計0人

3)感染地域
国内 男性157人、女性12人 合計169人 
国外 男性13人、女性2人 合計15人
不明 男性22人、女性1人 合計23人

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV AIDS

咽頭淋菌検査の注意点!!

最近オーラルセックスで咽頭に淋菌に感染する人が増加しています。

今回は咽頭淋菌検査の注意点について解説していくます。

口腔内には非病原性菌の常在菌であるナイセリア属がわかっているだけで11種も存在しています。

病原性のある淋菌も実はこのナイセリア属なのです。

淋菌咽頭感染検査には、PCR法は使用することは出来ません!!

何故なら遺伝子増幅法であるPCR法はナイセリア属と交差反応を示すため、このナイセリア属の細菌を淋菌と間違えて検出してしまい、淋菌に感染していなくても陽性となってしまいます。

いわゆる"偽陽性反応(ニセの反応)"が起こるわけです、そのために淋菌の性器感染検査に使用される遺伝子増幅法であるPCR法は咽頭感染の検査には適していません。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 咽頭淋菌

HIV検査における偽陰性反応(False-Negative Reaction)とは

偽陰性とは、実際はHIV感染しているのに、HIV検査で陰性となることを言います。

実際はHIVに感染しているのにもかかわらず、HIV検査が陰性となり、感染していないという結果がでることです。

主たる原因としては検査受けるタイミングによるものです。

HIVに感染して早い時期には血液中にはHIV抗体が無いことや、HIV抗体が存在していたとしても、HIV検査の感度以下の量であることから陰性となってしまいます。

従って偽陰性反応を防ぐためには、それぞれのHIV検査に最適な時期にHIV検査を受ける必要があります。

早い時期に受けると実際感染していたとしても陰性となってしまいます。

続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : HIV検査の僞陰性反応 False-Negative Reaction

お見舞い申し上げます

この度の大雨等による被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

tag : 大雨お見舞い

日本におけるHIV-2感染者の現状

HIV-2はHIV-1の発見より数年後に発見されたウイルスで、AIDSをごく少人数にしか発症しないウイルスです。

なぜHIV-2が多くの感染者に対して症状を発症しないのか、これについては現在でも完全には解明はされていません。

しかし、最近の研究ではHIV-2に感染すると宿主の免疫反応が強くなるから、あるいはHIVそのものの複製能力がもともと弱いからAIDSが発症しないのではないかということが提唱されています。

1992年と2002年に合わせて2例のHIV-2感染例が報告されていますが、いずれも韓国人感染者です。

2006年に関東地域の病院を喘息発作を主訴として受診し、加療のために入院した70代の男性が、日本人の報告例としてははじめてのHIV-2感染患者であることが確認されています。

この男性は35年前(1971年)に西アフリカ・セネガルで交通事故に遭い、現地病院にて脾摘手術を受けた際に、現地人から輸血を受けた既往歴があることが判明しています。

なおこの男性は過去に献血歴はなく、また本症例にみられた喘息症状とHIV感染との間には特に因果関係はないと考えられています。

続きを読む

tag : HIV-2 性行為による日本人のHIV-2感染者

お見舞い申し上げます

2018年6月18日に大阪府北部を震源とした地震により、被害に遭われました皆様とそのご家族様及びご関係の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

皆様が一日も早く日常生活を取り戻すことが出来ますように心よりお祈り申し上げます。

tag : 地震お見舞い

保健所が実施している無料梅毒検査の落とし穴!!!

梅毒の流行が依然として衰えることがありません。

これを危惧して多くの保健所が無料で梅毒検査を実施し始めていますが、この点について危惧されることを解説していきたいと思います。

梅毒検査には、脂質抗原を使用したSTS検査とTPを抗原としたTP検査があることは、周知の事実ですが、これらの検査は当然受ける最適な時期が異なっています。

1.STS検査は、不安な行為から4週で受ければ信頼できる結果が得られます。

2.TP検査は、不安な行為から6週以上経過しないと信頼できる結果は得られません。

梅毒の流行に危機感を抱いた自治体は、保健所での梅毒の即日検査を実施し始めていますが、この即日検査はTP検査です。

TP検査による即日検査は先に述べましたように不安な行為から6週以上経過してから受けないと信頼できる結果は得られません。

続きを読む

tag : 梅毒検査

楽 天

Googleブログ内検索


Google

地域別アクセス状況


ジオターゲティング

翻 訳

ブログの記事を各国の言葉に翻訳できます。
プロフィール

血液の鉄人

Author:血液の鉄人
FC2ブログへようこそ!

長年HIV/AIDS研究に従事し、その間に得た知識を活かして正しいHIV/AIDSの予防に関する解説を行っていきます。

是非とも参加をご検討下さい。
性行為感染症検査キット
エイズ相談窓口
エイズに関する相談窓口
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ご意見用メール


track feed 血液の鉄人のささやき
ウエルカム訪問カウンター
日本一こだわり卵
アクセスランキング
忍者アクセスランキング
フリーエリア
忍者
ValueCommerce

自由テキスト





楽天
リンク
HIV検査キット
自宅で誰にも知られずに検査できる検査キット
フリーエリア


QRコード
QRコード
フリーエリア